舛添要一

日本のメディアでも話題になっている、男性を「ハゲ」と呼ぶことがセクハラ認定されたというイギリスニュース。15日よる、舛添要一東京都知事が“薄毛”の立場からこの話題に触れた。


■「私なんかも毛が薄い」と自虐

舛添氏は同日、音声配信サービス・voicyの『ゾエちゃんねる』でこの話題を紹介した。

「要するに、ハゲるのは男性しかハゲないわけですから、男女の性別に関わることで。『ハゲ』ってのは男に対する侮辱だということで、これはセクハラだと」と判決を要約。

続けて、「そうすると、私なんかも毛が薄いですから… 何度『ハゲ』って言われたかわかんないんで、私にそう怒鳴った人はみんなセクハラで訴えられると(笑)」と、自身も過去にセクハラを受けていたことになると冗談交じりに振り返った。


関連記事:鬼越・金ちゃん、相方の入院をSNSで報告 投稿写真に驚くファンも

■“性別”を理由とした判断に興味

その後は「『男女の性の差別に関わる』っていうことで、イギリスでそういう判断があったっていうのはなかなか面白いなと」などと話しており、「ハゲ」発言が“性別”の観点から判断されたという点に興味を示した模様。

「私もそうなんですけど、『ハゲ』って言われてどう思うかってことなんですけど…」と前置きすると、ここで「フランスの女性に教えてもらった」として「ハゲ」と言われたときの「気の利いた切り返し」を紹介し始めた。

■ハゲは落ち着きが出てきた証拠?

黒髪から白髪になったときを例に、「これはハゲと同じように『お歳を召しましたね』なんて言われちゃうわけですね」と語る舛添氏。

フランスの女性はこれを、「黒髪のときに無かった魅力が白い髪になって出てきた」「非常に落ち着いて、物事に対する配慮とか、落ち着きとか、そういうものが出てきた」と捉えたとのことだ。

舛添氏はこれを振り返り、「『別の人間的魅力が増すもんだ』って。なるほどなぁと」と感心。「こういう感じで切り返す」と「ハゲ」扱いにも応用するよう説いたのだった。


■「ハゲ」は胸のサイズを聞くのと同じ

イギリスの雇用審判所は5月12日、職場で「ハゲ」と呼ばれたことから勤務先・同僚を提訴した男性の訴えで、「ハゲ」が原告の尊厳を傷つけた中傷にあたると認定。

また、「『ハゲ』という言葉と法律で保護されるべき特性である『性別』には関連がある」「頭髪が少ない症状は女性より男性に多く見られる」「男性をハゲと呼ぶことは職場で女性の胸のサイズについて触れることと同等である」など、ジェンダー視点による判断を示し、話題を集めていた。この価値観が、日本社会にも広がることはあるだろうか。

・合わせて読みたい→濱家隆一、頭皮マッサージ数年続けた結果まさかの… ネットは大ウケ

(文/Sirabee 編集部・玉山諒太

舛添要一氏、“ハゲ発言はセクハラ”の英判決に興味 「私なんかも毛が薄い」