画像はイメージ

会社の面接対応があまりにもひどいと、辞退したくもなる。キャリコネニュース読者の30代女性(派遣社員/事務・管理/年収350万円)は、有名ホテルの面接で不愉快すぎる扱いを受けたという。(文:永本かおり)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「やっと面接官の男性がふらふらと来てそのまま面接」

女性は初めての就活面接で、「成田にある某有名ホテル」を受けたという。

当日はロビーラウンジで少し待たされ、その後「やっと面接官の男性がふらふらと来てそのまま面接」が開始された。

面接が始まると、驚くことに

「『疲れたからタバコ吸うね』と言われ、思いっきり副流煙を浴びながらの面接でした」

と信じられない面接エピソードを明かした。女性はすぐに退席したい気持ちがあった様子だが、当時は泊りがけで面接を受けに行っていたようで

「その日のお部屋も人事担当の方が無料で手配してくださっていたので、面接中に文句も言って帰れず」

と振り返る。結局「翌日チェックアウト後に電話で辞退しました」と吹っ切れたように綴っていた。

面接官の「疲れたからタバコ吸うね」に唖然 女性「思いっきり副流煙を浴びました」→即行辞退