画像イメージ

画像イメージ

キャリコネニュースでは、さまざまな世帯年収の読者から家計に関する投稿を募っている。世帯年収1100万円の男性(30代後半/奈良県/不動産・建設系/正社員/既婚/子ども3人)は、

「(資産は)現金200万円、投資信託150万円、貯蓄型保険850万円。家賃11万円で比較的余裕があるが、住宅購入を検討しており、住宅ローンが15万円以上になっても大丈夫か不安」

という声を寄せた。ほかの世帯年収1100万円の読者の投稿も紹介していく。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/CPG04M4S

戸建てに引っ越したいけど「子どもの大学費用を考えると……」

兵庫県に住む30代後半の男性(その他/正社員・職員)は「月々の生活で困っていることはありません」と綴る。しかし、

子ども3人でマンションが手狭になってきたので、6000万円前後の戸建てへの住み替えを考えていますが、子どもの大学費用を考えると少し躊躇しています」

と悩みも明かした。ちなみに現在は4500万円で購入した分譲マンションに住んでおり、30年分のローンが残っているという。普通貯金は1000万、積立保険(生命、学資)が300万で株式は「なし」とのこと。今のマンションがいくらで売れるかによって事情が変わってくるだろう。

大阪府在住で20代後半の女性(その他/正社員・職員/既婚/子ども1人)も、

「6500万円の住宅ローンを組もうか悩んでいます。妊娠中だということもあり不安です」

と住宅購入に関する迷いを明かした。なお、資産状況は貯金300万円、株式と投資信託にそれぞれ200万円、 ジュニアNISA160万円とのことだ。

「社宅なので住宅費が4万円の支出で済んでいるのが大きい」

一方、住まいの悩みとは無縁そうな読者もいる。都内在住でメーカー系(電気・電子・機械系)企業に勤める20代後半の女性(正社員/既婚)は、

「社宅なので住宅費が4万円の支出で済んでいるのが大きいです。また親が毎月援助してくれます」

と人もうらやむ状況を語った。この条件下で世帯年収1100万円なら、かなり余裕のある生活を送れそうだ。女性は現在の資産や生活感について、

「貯金500万円、株式300万円。配偶者の分はわかりませんが、最低700万円はあるようです」

子どもがいないので、買いたい鞄や宝石類を買ったり、単価3万円以上の高級レストランにも難なく行けたりしています」

と、やはり予想通りの余裕をみせた。

世帯年収1100万円の生活「家は4500万円のマンション。6000万円の戸建てに住み替え検討中」