イメージ画像

画像はイメージ

「某市の市役所に雇われている、教員免許が必要な仕事をしています。給料は日当で社会保険料、年金と税金は天引きされていきます。ですので手取りはカレンダー次第です(笑)

こう切り出すのは、千葉県在住の30代後半男性だ。男性は非正規雇用で年収300万円、月々の手取りは19万円程度だという。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「いわゆる失われた世代ですので……仕事があるだけマシだと思ってます」

男性は自身の仕事について感じていることを打ち明けた。

「働き方改革が一昨年にあり、やっとボーナスと年休が出るようになりました。とはいえ学校現場というブラックな体質は変わりませんし、こちらの具体的な働き方は派遣された校長次第なので当たりはずれが大きいと思います。率直に感じるのは、一般のサラリーマンよりもお給料が少なくて大変な仕事だと思います」

大変な仕事であっても、相応の給与が支払われるなら不満は軽減されるだろう。しかし男性の手取りは20万円を切っている。

「今年で40歳になるのですが、貯金もないですし、所帯も持てません。いわゆる失われた世代ですので、大学時代の仲間たちのなかでは仕事があるだけマシだと思ってますが、親や私自身が要介護となったときはもう詰みだと感じてます」

男性の投稿からは、現在の収入に対する不満と将来への不安が感じられた。

非正規雇用の30代男性「手取り19万円。今年40歳になるのですが、貯金もないですし、所帯も持てません」