(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家

JBpressですべての写真や図表を見る

ナチスと手を組んだスターリン

 ロシアプーチン大統領は、5月9日の戦勝記念日で、ナチス・ドイツを打ち破った戦いを誇示し、この世界から、迫害する者、懲罰を与える者、それにナチスの居場所をなくすために戦うと述べた。

 開いた口がふさがらないとはこのことだ。確かにかつてのソ連が、2000万人以上の犠牲を出してナチス・ドイツを打ち破ったことは事実だ。だがそのナチスを手助けしてきたのもスターリンが率いるソ連であった。

 ヒトラースターリンは、こともあろうに手を結んだのである。それが1939年8月に結ばれた独ソ不可侵条約である。この条約の秘密議定書で独ソ両国によるポーランドへの侵略開始、ソ連によるバルト3国の併合やフィンランドに対する戦争、ソ連によるルーマニア領の一部の割譲等に踏み込んでいった。これを受けてイギリスフランスドイツ宣戦布告をし、第2次世界大戦が始まることになった。ナチス・ドイツの暴虐に加わってきたのがソ連だったのだ。

 スターリンのもとで農民を強制的にコルホーズなどに追い込む「農業集団化」が強行されたが、これはソ連農業に重大な打撃を与えることになった。この結果、スターリンに異論を唱える声も強まった。スターリンは反対派の大量弾圧を行った。1934年の第17回党当大会で選ばれた中央委員、同候補の70%が弾圧の犠牲になったといわれているほど、大規模なものであった。

 弾圧の口実としてでっち上げたのが、スターリンに対する反対派を「日本とドイツファシスト勢力のために活動するスパイ」と決めつけることであった。独ソ不可侵条約を結ぶ前年の1938年には、スターリンが、ポーランド共産党の指導部に敵の手先が潜り込んでいるという何の根拠もない口実で、ポーランド共産党を解散に追い込んでいた。

 いまプーチンウクライナを「ネオナチズム」とレッテル貼りをしているのと同じだ。スターリンの手法は、プーチンとそっくりである。他国の主権を侵害して侵略行為を行い、罪なき人々の命を奪っているプーチンこそがスターリニズムであり、ネオナチズムだと言わなければならない。

 スターリニズムとは、ソ連共産党の指導者であったヨシフ・スターリンが行った全体主義のことである。その中身としては、指導者に対する個人崇拝、軍事力や工作活動による暴力的な対外政策、秘密警察の支配を背景とした恐怖政治や大規模な粛清などを特徴としている。

スターリン時代から脱却できていないロシア

 5月10日朝日新聞に、英王立国際問題研究所のジェームズ・ニクシー部長の「スターリン時代 脱却できず」と題した談話が掲載されている。この中でニクシー氏は、次のように指摘している。

ロシアは、ウクライナで簡単に勝利を得られると思い込んでいた。その展望のなさに、ウクライナ人自身の勇敢さ、欧米の軍事援助も加わって、現在の戦況が生まれている。〉
ロシアプーチン大統領にとっては、自らの生き残りがかかった戦争。ただ、それは欧米にとっても同じだ。もし欧米やウクライナ側が敗れたら、プーチン氏の脅威に今後もおびえ続けなければならない。〉

 いまロシア軍は攻勢をかけるどころか、次々と占領地を取り返されている。ウクライナや欧米の決意を甘く見たからだろう。同時に、ロシア大国主義という思い上がりや反省の欠如が、今のロシアの危機を招いていると言うべきだろう。

 ニクシー氏は、次のようにも指摘している。

それなりの教養を持つインテリでさえ、ロシアが特別な国であり、ロシア人は他の民族よりも優れている、と信じている。〉

第2次世界大戦後のドイツは、ナチス時代の責任を問う手続きを進めた。しかし、ロシアは結局、スターリン時代からの脱却、ソ連時代の総括ができていない。ソ連時代の犯罪に関する議論もできず、ソ連の犯罪を認めること自体が犯罪と見なされる。〉

 ソ連時代にソ連共産党の一党独裁体制を支える大きな柱となってきたのがソ連国家保安委員会(KGB)である。この情報機関・秘密警察がスパイ、テロ活動を行い、国内では国民の監視・弾圧を行ってきた。今のプーチン政権の中枢はプーチン氏自身も含めほとんどが元KGB出身者で占められている。ウクライナ占領地にレーニン像を復活させるなどしているように、政治体制こそ共産党一党独裁、社会主義体制ではなくなったが、根本的な思想はソ連時代と何も変わっていないということだ。

北方領土問題もスターリンが引き起こした

 日本とロシアの間に北方領土問題もスターリンが引き起こしたものだ。1945年3月アメリカルーズベルトイギリスチャーチル、ソ連のスターリンの3国首脳がヤルタで首脳会談を開き、第2次世界大戦後、国際連合を設立することや、対日秘密協定を取り交わした。アメリカが日本との戦争で犠牲を減らすためソ連の参戦を求めたのに対し、ソ連は千島列島のソ連への引き渡しを参戦の条件として持ち出し、それが認められた。

 しかし、これに先立つ1943年11月、カイロでアメリカイギリス、中国の首脳が会談し、ここで戦後処理として「領土不拡大」の原則が発表されている。このカイロ宣言はソ連も認めていたものだ。ヤルタ秘密協定は、この領土不拡大の原則を踏みにじるものであった。北方領土問題の解決では、ここに立ち返ることが基本である。

 ちなみにスターリンは、戦後、この北方領土を奪ったことを「日露戦争での敗北の屈辱を晴らした」という趣旨の演説を行っている。国際原則など平気で踏みにじる社会主義ソ連の姿が如実に表われている。

民主主義が育たず人権意識が希薄な社会の危険性

 5月11日朝日新聞に池田嘉郎東大准教授の「ロシア、強権の歴史」と題するインタビュー記事が掲載されており、興味深く読んだ。ニクシー氏の指摘とも共通している見方だとも感じた。

言論統制の結果、現在のロシアで)「目立つのは支持を示す『Z』だけです」との記者の指摘に対して、次のように述べている。

モスクワの友人が3月に一遍の詩を教えてくれました。1987年に米国でノーベル文学賞をとったロシア人、ヨシフ・ブロツキーの『Z将軍への手紙』です。68年、ソ連率いるワルシャワ条約機構軍は民主化を求めたチェコスロバキアに侵攻しました。その事件を受けて書かれた詩です。前線の兵士からの報告の形で『戦争は、閣下、空しい遊戯です』始まり、『将軍! われわれはあまりに長く泥の中に座り込んでいるので、うじ虫の王が先回りして喜んでいます』と痛切な訴えが続きます。50年以上前の詩ですが、今回の戦争の愚かさを照らします。対極の『Z』に思いをはせる人もいるのです〉

 前線に送り込まれたロシアの若者も愚かなプーチンの犠牲者である。民主主義が育たず、人権意識が希薄な社会は危険なことを今のロシアは教えてくれている。

 池田嘉郎氏の次の指摘も、今のプーチン政権を見事にとらえている。

プーチン大統領が議会や閣議でよく言及したのが、帝政末期のストルイピン首相です。日露戦争後の混乱期に、揺らぐ国を強権で立て直そうとしました。スローガンは『私たちには偉大なロシアが必要だ』。先日、ロシア正教会運営のネットテレビは『私たちにはストルイピン的なロシアが必要だ』と主張していました〉

 帝政ロシア時代も、社会主義ソ連の時代も、そして凋落した今のロシアも、大国として存在したいという厄介な国がロシアなのだ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  ロシアをさまよう「アンドロポフの亡霊」、今も生きるソ連時代の歪んだ理想

[関連記事]

ナチスの「選別センター」と同じ犯罪を繰り返しているプーチン

嘘だらけのプーチン歴史観、ロシアの対独戦勝は米国のおかげ

第2次世界大戦におけるソ連軍とドイツ軍の戦い「スターリングラード攻防戦」で破壊された工場とモニュメント(資料写真、出所:Pixabay)