Take-Two Interactive5月16日2022年3月31日に終了した2022会計年度第4四半期の業績報告を発表し、グランド・セフト・オートVの累計出荷本数が1億6500万本を突破したと同社の投資者向けウェブサイトで公開した。

 『グランド・セフト・オートV』の12月時点での出荷本数は、1億6000万本を突破していることから、3ヶ月間でで500万本の販売増を達成している。また、『GTAシリーズ全体の累計販売は3億7500万本を超えたという。

『グランド・セフト・オートV』の累計出荷本数が1億6500万本を突破01
(画像はSlide 1より)

 『グランド・セフト・オートV』は1997年にPC向けに発売された『グランド・セフト・オート』を原点とするグランド・セフト・オートシリーズの最新作だ。

 同シリーズアメリカを舞台とするクライアクションの美学とオープンワールドアクション要素を中心に展開しており、2013年に発売して以来コンシューマー機として三世代に渡って販売されている。

 今回の発表により『グランド・セフト・オートV』の約9年間の歴史が新たに更新され、2022年開発中であると発表された『グランド・セフト・オートシリーズの次回作にも期待が高まる。

 興味がある読者は、Rockstar GamesのTwitterをフォローして今後の展開を待とう。

Slide 1はこちらLeading Game Publisher | Take-Two Interactive Software, Inc.はこちらRockstar Games(@RockstarGames)さん / Twitterはこちら