HPが展開するゲーミングブランド「OMEN」5月16日(月)、ゲームを題材としたクイズに挑戦して結果をシェアすると4Kゲーミングモニターなどの景品が抽選で当たるTwitterキャンペーン「ゲーマー検定」を開始した。

 特設ページからアクセス可能な同検定は初級・中級・上級の3つの難易度に分かれており、初級と中級は各5問、上級では計10問のゲームに関するクイズが出題される。それぞれ4つずつの選択肢のなかから該当する答えを選んでいき、すべての回答を終えると正解数と結果を共有するボタンが表示される仕組みだ。

 問題は海外作品を扱った内容がやや多めの傾向となっているが、国内のAAAタイトルからインディーゲームにおよぶものまで総合的な知識がさまざまな角度から求められる。各級における実際の出題例としては、以下のような問いが登場する。

・「誰も死ななくていいやさしいRPG」で有名な、トビー・フォックス氏が開発したRPGは?(初級)
Riot GamesサービスしているFPSの名前は?(中級)
フロムソフトウェアでお馴染み、通称”月光”と呼ばれる武器群、初出はどのゲーム?(上級)

 回答の正解率とキャンペーンの当選確率については具体的に触れられていないが、挑戦するからには全問正解を目指したいもの。景品には4Kゲーミングモニター「OMEN 27u」(通常9万7900円/1名)、低反発ポリウレタンフォームを採用したカナル型有線イヤホン「OMEN DYAD」(通常7480円/5名)、電子マネー「BitCash5000円分/5名)が用意されている。

OMENがゲーミングモニターなどが当たるTwitterキャンペーン「ゲーマー検定」を開催_001
(画像は日本HP公式サイト「OMEN 27u」より)
OMENがゲーミングモニターなどが当たるTwitterキャンペーン「ゲーマー検定」を開催_002
(画像は日本HP公式サイト 「OMEN DYAD」より)

 本キャンペーンの参加受付期間は5月22日(日)の23時59分までとなっており、当選結果はTwitterのDM経由で伝えられる。日ごろのゲーム知識を試してみるのにピッタリなこの機会。自信の大小に関わらず幅広く楽しめる内容となっているので、気になる方は挑戦してみてはいかがだろうか。

「ゲーマー検定」特設ページはこちらOMEN公式Twitterによる詳細ツイートはこちら