“アートメイク”として知られる眉毛のタトゥーマイクロブレーディング」は、汗をかいても落ちないうえ長持ちすることから人気があるが、針を使うためトラブルも多い。このほどアメリカの37歳の女性が、自身のマイクロブレーディングの失敗を写真とともにSNSで共有し「施術者のリサーチをしっかりして!」と注意喚起した。『New York Post』などが伝えている。

ハワイ出身でテキサス州ヒューストンに住むクリスタルウェイストックさん(Crystal Weinstock、37)は、歯科衛生士として働きながら2人の子を育てるシングルマザーだ。

昨年11月のこと、クリスタルさんは「朝の忙しい時間に眉のメイクをしなくても済むのでは」と思い、地元の親戚が経営するサロン「カイ・ブロー・バー(Kai Brow Bar)」でマイクロブレーディングの施術を受けた。マイクロブレーディングとは、専用の針を使用し手彫りで1本1本毛が生えているようにタトゥーを入れるアートメイクで、自然な仕上がりになるのが特徴だ。

ところがクリスタルさんは施術中に酷く出血し、色素が沈着することはなかった。そして4週間後、クリスタルさんは2度目の施術を受けたが再び失敗、施術者に「色素が沈着する方法をリサーチするので少し時間が欲しい」と告げられた。

その後、施術者と何度もやり取りをしてきたクリスタルさんは今年4月末、「新しい超極細の針が手に入ったので来て欲しい」と連絡を受け、「今度こそは…」と期待を胸に足を運んだ。

サロンではまず、施術者が私の皮膚に眉のデザインを描いたの。でも眉が太すぎて不自然だったので、『眉毛の隙間を埋めてもらうだけでいい。これ以上太くしないで』とお願いしたわ」と当時を振り返るクリスタルさん。

しかし開始から2時間が過ぎ、クリスタルさんは施術に時間がかかりすぎること、また施術者が同じ部位に何度も針を入れている気がして不安を覚えた。そして施術が終わって鏡を見ると、自身の眉毛を見て目を疑った。それは太く、濃く、不自然でまるで“魚の背びれ”を付けたような惨憺たる仕上がりだった。

クリスタルさんは施術者とのやりとりや、その後の家族の反応をこう語っている。

「全てが終わると施術者は、私に『驚かないでね』と前置きしてこう言ったの。『眉毛に厚みをもたせすぎたかもしれないわ。でも大丈夫。その場合は修正が可能だし、腫れが引けば改善されるわ』とね。でも翌朝になっても眉毛は変わらず、寝室にやってきた3歳の娘は私を見て怖がっていたわ。私はなんとか落ち着いているふりをしたけど、怯える娘の目を見ていたら落ち込んでしまったの。」

居ても立っても居られなくなったクリスタルさんはその後、ネットマイクロブレーディングの失敗例を検索し、自分の眉のあまりの酷さに愕然としたという。施術者は「2、3日すれば色素除去に必要なものが揃うから」とテキストメッセージを送ってきたそうだが、クリスタルさんは地元のサロン「Her Velvet Hand、以下HVH」を見つけると、緊急で色素を除去するための1度目の施術を受けた。

さらにその後、カリフォルニア州ロサンゼルス郡ビバリー・ヒルズのエリカ・コビッツさん(Erica Kovitz)のサロンを探し出し、今月7日にHVHのフォローアップの施術を受けた。

エリカさんはクリスタルさんに無償で施術を行うことを約束し、クラウドファンディングサイト『GoFundMe』を立ち上げて飛行機代などの寄付を募ってくれたそうで、8週間後に2回目の施術が予定されている。そして傷口が癒えた後で再び、マイクロブレーディングが必要になるという。

クリスタルさんは「カイ・ブロー・バーでの施術代は約56500円(440ドル)だった」と明かし、施術者やSNSへの反響について次のように明かした。

「実は施術者は、アルコールを飲みながら施術を行っていたの。そして仕上がった眉毛を見ても『私の施術には問題ない。これはあなたの皮膚が脂っぽいことが問題。私は1年もマイクロブレーディングを行っているプロ』と言って返金を拒んだの。それに美容アカデミーを開いて生徒に技術を教えているのよ。」

「最悪なのは、私がSNSに投稿した写真がヒューストンの医療補助アートメイク(パラメディカルピグメンテーション、PMU)コミュニティーでは『マイクロブレーディングの失敗例』として使われていること。『こんな酷い例は見たことがない』とコメント付きでね!」

クリスタルさんは「こんな体験をシェアするのは本当に恥ずかしい」と述べつつも、最後にこう注意喚起した。

「これは施術後に分かったことだけど、施術者はアートメイクの資格を持っていなかったの。施術者が信頼できる人であるかどうか、しっかりリサーチすることがいかに大切か、多くの人に知ってもらいたいわ!」

ちなみにクリスタルさんの眉毛には、「施術をする前の眉に問題があるようには見えない」「施術者を訴えるべきでは?」「映画『アングリーバード』の赤い鳥の眉とそっくり」「これは酷い」「私はマイクロブレーディングの施術をしている。こんなことはあってはならないこと」といった声があがっており、カイ・ブロー・バーの施術者は7日、サロンFacebookに謝罪文を投稿した。

画像は『New York Post 2022年5月12日付「I got botched eyebrow microblading and now my daughter is afraid of me」(Caters News Agency)』『Crystal Weinstock 2022年5月2日InstagramThis is beyond embarrassing」、2022年5月7日Instagram「I made it to @beverlyhillsmicroblading today!」』『thisismeandmystory 2022年5月12日TikTok「update on my eyebrows and some FAQ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト