秋葉原

客にマッサージを行う東京・秋葉原のリフレ店「ラプンツェル秋葉原」「エース秋葉原」の経営者らが売春防止法違反の疑いで逮捕された。

風俗系に詳しい人物は「まだ氷山の一角」と…。

【関連】メッカとされる秋葉原のホテルからは「違和感ある」カップルが…


■オプションで性行為

17日の各社報道によれば、経営者らは店舗内で20代の女性従業員が男性客と売春行為をすることを把握していながら個室を提供し、女性従業員は数万円で性行為に応じていたという。

秋葉原にはメイドコスプレテーマにしたリフレ店、マッサージ店が点在しているが、いまどんな状況なのか。秋葉原ナイト事情に詳しい、元ガールズバー店長の男性に話を聞いた。


関連記事:“悪質コンカフェ”のさばる秋葉原 区長は「違法客引き」に過料設ける方針を明言

■マイクロビキニで添い寝

男性は「違法なリフレ系の店は増えている。千葉、埼玉エリアから東京入りして最初の繁華街が秋葉原~上野エリア。なので他県の若い女性が集まりやすい」と分析する。

アキバには萌えを特徴にした全うなエステ・リフレ店もあります。しかし、今回摘発された店舗型リフレ店のほか、派遣型にはアウトな店がまだまだ潜在しており今回の逮捕劇は氷山の一角。制服、メイド服スクール水着マイクロビキニを着用して添い寝や密着マッサージを受け、性行為まで及ぶ『裏オプ』を用意する店はあります」(ガールズバー元店長)。

■性行為の交渉は客から

性的なオプションを用意する偽装リフレ店は「女の子が勝手に客と交渉した」という体をとるという。

「各店、HPには詳細なサービス内容を明かしておらず、エステマニアたちが“隠語”を使って日々レビューネットに上げており、客はその情報を見て店を選び、現場で嬢を見てから値段交渉をするんです」(前出・ガールズバー元店長)。

その言葉通り、ネット上には「○○…1万円、▲▲…3万円」など卑猥な単語を並べレビューするブログが多数存在することが確認できた。


■違和感あるカップルの姿

元店長によると、秋葉原で派遣型リフレを利用する客の大半は“駅向こう”である昭和通りエリアレンタルルームと安ホテルを使うのが主流だという。

オタク系外見の中年男性と若い地雷系ファッションの女子がよくホテルの出口まで出てきていますよ。それも短時間で何組も(笑)。最後はお互い『バイバーイ』と手を振って…。ガールズバーやコンカフェと一緒で、女性経験がほとんどない男性であれば、一回ハマったら抜け出せないんでしょうね」(前出・ガールズバー元店長)。

家電量販店パーツ専門店、そしてアニメショップメイド喫茶といった魅力的な文化で街を繁栄させてきた秋葉原が、いま少しずつ変わろうとしている。

・合わせて読みたい→秋葉原で売れ残っていた「2000円福袋」 中には2万円超のレアグッズが…

(取材・文/Sirabee 編集部・キモカメコ 佐藤

マイクロビキニ女子と添い寝も… 秋葉原に潜在する悪質な“偽装リフレ店”