漫画やアニメが根強い人気を誇る「遊戯王」。作中に登場するカードゲームデュエルモンスターズ」において象徴的なモンスターと言えば、「青眼の白龍ブルーアイズホワイトドラゴン)」を挙げる方は多いと思います。

 強力なカードであることはもちろん、カッコいい見た目も印象的な「ブルーアイズ」。しかし、かわいい赤ちゃんの頃もあったはず……。そんな空想をもとに作られたファンアートのフィギュア作品が、ツイッターに投稿されています。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 投稿された写真には、市販の卵パックの中に紛れた、青い卵から孵るブルーアイズの姿。もしもこんな卵が実際にあったら、びっくりしてしまうことは間違いありませんが、とても愛らしい赤ちゃん姿には、思わず口元が緩んでしまいます。

 作品を制作したのは、粘土造形を趣味としている、びたびたびたーさん(@bita2bitter1)。主に遊戯王ポケモンに登場するキャラクターリアルに表現する作風が特徴で、原作とは異なる解釈でありながらも、高い造形技術から生み出される作品は、多くの方から支持を集めています。

 そんなびたびたびたーさんが、新作のモチーフに「ブルーアイズ赤ちゃん」を選んだのは、デュエルモンスターズに登場する「黒竜の雛」というカードがきっかけ。

 「黒竜の雛」といえば、ブルーアイズと対をなす人気の「真紅眼の黒竜レッドアイズブラックドラゴン)」を特殊召喚できる効果を持つカード。一方のブルーアイズにおいては同様のカードは未登場で、ブルーアイズ赤ちゃんを自分の手で作ってみたい、と考えたことが制作の始まりでした。

 また、あまり作ったことのない手のひらサイズの作品に挑戦したかったことや、本物の卵を使ったフィギュア制作に新鮮味を感じたというのも大きな理由と話しており、これまでの制作とは異なるチャレンジングな作品でもあったようです。

 公式には存在しないブルーアイズ赤ちゃんでしたが、「実際にいたらどんな餌や、飼育環境が必要かを想像しながら作るのはとても楽しかった」と、びたびたびたーさん。

 制作時は、まだ成長していないしおれた羽根や、何も考えていなさそうな表情で、産まれたての雰囲気を表現しつつ、ブルーアイズ本来のカッコよさや怖さも残し、かわいさだけでない少し不気味な生物感が残るよう意識したとのこと。

 さまざまなアイデアと工夫が詰まった作品は「クオリティは別にして、自分の妄想を形に出来てよかったです!」とやや謙遜気味に自己評価しつつも、「カッコいいモンスターが大好きなのですがかわいいモンスターもいいなと思いました」と、新境地を開拓した一品となった模様。

 ツイートでは「卵サイズで他のモンスターも作って並べたい」とつぶやいているように、「個人的には三幻神などかっこいいモンスター赤ちゃんバージョンが、ギャップもあり面白そうなのでいつか挑戦したいです」と、今後のシリーズ化にも前向きである模様。

 かわいくもちょっと怖い(?)赤ちゃんモンスターたちがずらっと並んだら、それはきっと遊戯王ファンにとってはたまらない光景となるでしょう。

<記事化協力>
びたびたびたーさん(@bita2bitter1)

(山口弘剛)

遊戯王「青眼の白龍」がかわいいベビーに!ファン制作の粘土造形作品