カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 一緒の家で暮らす犬と猫は、時に種族を越えた信頼関係で結ばれる。母猫にとって子猫は命をかけても守るべき尊い存在だ。

 ある程度大きくなるまでは、隠れた場所でひっそりと授乳を行うものだが、心を許せる相手になら、子猫を見せるし、任せることができる。

 母猫にとってこのオス犬がその相手なんだ。犬のベッドに自ら子猫を持ち運び、特別にかわいがらせてあげる傍ら、自らは安心して休息をとっているようだ。

【画像】 子猫を託せるほどの信頼関係を結んだ犬と猫

 5匹のかわいらしい子猫を出産したばかりの母猫。出産と子育てにはとても体力がいる。おいしいお乳を出すために、しばしの休憩も必要だ。

 そこで母猫は、オス犬トビーベビーシッターをお願いすることにしたようだ。トビーになら安心して我が子を任せることができると考えたのだ。

 1匹ずつ子猫を口にくわえてトビーのいるクッションへと持ち運んでいく。

1

 子猫たちはトビーの体に張り付き、お乳を探したりなんかもするが、トビーも子猫たちを傷つけないようじっとその身を与えている。

[もっと知りたい!→]やさしくしてくれたから特別に見せてあげる。女性が案内された場所には生まれたばかりの5匹の子猫が!

2

 母猫は、トビーのおかげでしばしの休息を得ることができたようだ。

TikTokで動画を見る

 母猫が我が子を見せてくれるのは信頼の証と言われているが、トビーの場合更にその上の、「安心して任せられる」という高みに達している。

 猫にとってトビーは代理父認定されたようだ。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

「特別に預けてあげるんだから」母猫が生まれたばかりの子猫を犬に託す