画像はイメージ

就職氷河期バブル崩壊後の1993年から2005年リーマンショックから約2年後の2010年など断続的に訪れ、当時新卒で就職活動していた多くの若者たちを苦しめた。

キャリコネニュースの「面接」をテーマにしたアンケートに、当時面接官から厳しい言葉をぶつけられ「いまだにトラウマになっている」という女性読者から驚愕の面接エピソードが寄せられた。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

あんたみたいな人間を採用する会社はこの世にない」

神奈川県に住む女性40代後半の女性は、就職氷河期の当時、とある会社の新卒採用面接を受けたとき

あんたみたいな人間を採用する会社はこの世にない。世間知らずの大卒なんて使い物にならないから。何のために生きてるの?200社どこも受かってないじゃない。それがあなたの価値なんだよ」

と散々な事を言われたと振り返った。就職面接でなにもそこまで言う必要は無いし、品性を疑うような酷い言葉の暴力だ。

「その場では必死に涙を堪え、震える手を抑えました」

という言葉からは、当時の辛い気持ちが伝わってくる。また女性は最後に、

「今思えば、何で私を面接に呼んだのだろうと疑問に思います。 未だにトラウマです。恨んでます」

と思いの根深さを吐露した。

氷河期世代が受けた屈辱「何のために生きてるの? 200社どこも受かってないじゃない」