お笑いコンビぺこぱの松陰寺太勇(38歳)が、5月18日に放送されたトーク番組「あちこちオードリー」(テレビ東京系)に出演。お笑いコンビEXITの兼近大樹(31歳)を見て「視野がお笑いからエンタメに変わった」と語った。

松陰寺は兼近とテレビの今後についてよく話しているそうで、兼近から、テレビだけではなくあらゆる媒体から情報を吸収しているという話を聞いて「視野がお笑いからエンタメに変わりましたね、僕は。かねちーのおかげです。僕の眼鏡のフレームお笑いだったんです。そのレンズってどんどん狭まってくるんですよ。そうじゃない、エンタメを広く。これが僕がかねちーの背中を見ている原因の1つ」と、兼近の影響を受けていると話す。

松陰寺は「お笑いをやっている人たちがお笑いの敷居を高くしちゃってるというか。舞台と客席の(精神的な)段差をもっと狭めない? お笑いの全体のパイが狭まっている今、世代間で争っている場合じゃない」と話すと、EXIT・りんたろー。が「これ、今気づいちゃったんですけど、かねちーが言ってることの丸パクリ」とツッコミを入れた。

松陰寺は「自分のコミュニティを持ちつつ全ての人が知ってるマルチタレントってすごいんですよ。そういうのになりたいなって。その憧れがオードリーさんですよ」と話すと、オードリー若林正恭から「松陰寺、キョロキョロし過ぎだよ。もっとぺこぱを見ろよ!」とツッコミが入り、春日俊彰からも「落ち着けよ!松陰寺くん」と諭された。