株式会社こむぎの(本社:北海道広尾郡大樹町、代表:橋本 玄樹)が展開する地方活性型ベーカリーブランド【小麦の奴隷】は、オンラインサロンHIU(堀江貴文イノベーション大学校)に集まったメンバーから、堀江氏の声かけによって生まれた「地方活性型エンタメパン屋」です。この度、クルトン使用量が1億個を突破しましたことをお知らせいたします。
【小麦の奴隷】公式サイト: http://www.komuginodorei.com/(外部リンク)

ザックザクカレーパン
小麦の奴隷専用クルトン
 【小麦の奴隷】看板商品である「ザックザクカレーパン」は、「カレーパングランプリ(R)」にて2年連続で金賞を受賞、オープン後すぐに売り切れとなる店が続出するなど、各店舗で大好評をいただいています。 特徴的なのは、パンの表面にクルトンを貼り付けて揚げてあることで、ゴツゴツとしたワイルドな見た目はインパクトがあり、食感も商品名通りザックザクで、一度食べたら忘れられません。
 同パンは大人気のためクルトンの使用量も多く、2021年の総使用量は1億個(重量にして12.7トン)を超えました。
 このクルトンにはこだわりが詰まっており、食感・風味・美味しさ・余韻を計算して開発した特注商品で、ザックザクカレーパン専用に焼き上げています。

 大きさは8mm角で、仕上げに揚げることを逆算してノンフライで焼き上げます。そのため、一口食べた瞬間から同パンの命である歯切れの良い“ザクっ”と軽快な食感をしっかり感じさせ、食感と共に口の中が香ばしさでいっぱいになります。特製スパイスを使用した“ごろっ”としたジャガイモ入りのオリジナルカレーと、冷めても美味しいと評判の独自開発の“もっちり”生地との相性も抜群です。
 このように、「ザックザクカレーパン」は細部まで研究しこだわり抜いて生み出された、【小麦の奴隷】自慢のカレーパンとなっています。


 “ロケットの町”と一躍有名になった人口約5,400人の町、北海道大樹町で誕生した【小麦の奴隷】は、FC開始から約1年3カ月で42店舗の展開を実現。現在も多数の加盟希望が寄せられており、117店舗の出店を準備中です。(2022年5月15日時点)



■会社概要
株式会社こむぎ
代表者:橋本 玄樹
所在地:北海道広尾郡大樹町西本通26番地
業種:地方活性型エンタメパン屋【小麦の奴隷】の運営とフランチャイズ本部
URLhttp://www.komuginodorei.com/(外部リンク)
株式会社こむぎのは、エスダムスメディアJAPAN株式会社の関連会社です。

配信元企業:エスダムスメディアJAPAN株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ