代替テキスト
(C)JMPA

5月11日、関係者の注目を集める1冊の本が出版された。タイトルはずばり『秋篠宮』。皇嗣である秋篠宮さまの肉声が収められた書籍だ。

著者は元毎日新聞記者の江森敬治氏。秋篠宮ご夫妻とは31年以上も交流があるという。宮内庁関係者は、今回の出版は異例なことだと語る。

「秋篠宮さまは、皇太子と同等の皇嗣という重い立場にある方です。これほどの立場の方の肉声が本になるのは極めて異例のことです。出版は江森氏の独断ということはなく、秋篠宮さまのご意向をくんだものとみていいでしょう」

江森氏は’17年6月から’22年1月まで、37回も秋篠宮さまのもとに通い、インタビューを敢行していた。眞子さんと小室圭さんの結婚問題の経緯も、秋篠宮さまのお言葉を交えて詳しく語られている。

皇室とメディアに詳しい名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さんは、出版の意図をこう推察する。

「おそらく、世間にあふれているイメージに対して、自分自身はどういう思いを抱いているのか伝えたかったのではないかと思います。この本を読むと、秋篠宮は一貫して結婚を認めつつも、小室さんに対して説明を求めています。しかし、思うようには展開していかず、秋篠宮の苦悩が見て取れます。自分の考え、そして結婚問題の背景にある象徴天皇制自体が抱えるさまざまな問題を、国民に考えてほしいという思いがあったのではないでしょうか」

掲載された江森氏によるインタビューは、眞子さんの婚約内定報道の翌月から始まる。当初から、お相手の小室圭さんに対する世間の反応は好意的なものばかりではなかった。弁護士事務所でパラリーガルとして働いていた小室さんの年収は、300万円程度ではないかと推測されていた。

しかし秋篠宮さまは「いまのお仕事が定職ですよ」「パラリーガルのままでもいいですよ」とお答えになり、まったく問題にされなかったという。

江森氏が、今回の結婚に反対されたことはないかと尋ねても、秋篠宮さまは「反対する理由はありません」と、きっぱりお答えになったそうだ。

’17年11月誕生日会見でも、秋篠宮さまは小室さんについて「非常に真面目な人だというのが第一印象でした。そして、その後も何度も会っておりますけれども、その印象は、変わっておりません。また、娘のこと、娘の立場もよく理解してくれていると思います」と、べた褒めされている。小室さん本人の人柄を信頼しきっていらっしゃったのだ。

しかし、事態は急転。小室さんの母・佳代さんと元婚約者との間に、約400万円の金銭トラブルがあると報じられたのだ。報道から2カ月後の’18年2月、結婚の延期が決まった。

秋篠宮さまは小室さんに何度も、金銭トラブルについて国民への説明を求められたというが、無視されたという。そして、小室さんは3年間の米国留学を決めてしまう。

このころ秋篠宮さまは江森氏に「どうするのだろうと思って……」と、つぶやかれたという。

また、秋篠宮さまは結婚延期が長引くことで、小室親子への厳重な警護が続くことも懸念された。警備費用の原資は国民の税金であり、小室さんに警備のありようについて検討するように伝えたというが、反応は鈍かったという。

「この本で経緯を振り返ると、当初は結婚に賛成していた秋篠宮さまが、金銭トラブル報道を機に、小室さんに対して非常に厳しい姿勢に転じたことがわかります。とくに強調されているのは、小室さんが秋篠宮さまのご要望を拒否し続けていたことです。秋篠宮さまは、自分はできる限りのことをしたのだと訴えたいのかもしれません」(皇室担当記者)