2022年5月18日、ジンコソーラーは太陽光発電に特化した独立系の調査機関であるPVEL(PV Evolution Labs)によって、太陽光パネルの信頼性に関する調査結果をまとめた報告書「PVモジュール信頼性スコアカード」の2022年版の中で、「トップ・パフォーマー(Top Performer)」として認定された。ジンコソーラーは2014年から、わずか8回連続で認定された2社のPVモジュールメーカーのうちの1社である。

PVELは2012年に太陽パネルのPQP(Product Qualification Program、製品認定プログラム)を開始し、2014年に初の「PVモジュール信頼性スコアカード」を発行した。「PVモジュール信頼性スコアカード」は製品認定プログラム (PQP) に基づき、開発者、投資家、資産所有者に向け、プロジェクトに使用する独立した長期的な信頼性とパフォーマンスデータを提供する。「トップ・パフォーマー」の認定は太陽パネルメーカーが製品品質確保への取組みを示す。

過去1年間、ジンコソーラーは太陽光発電産業において、多数のマイルストーンを達成した。2022年第1四半期まで、ジンコソーラー太陽光パネルのグローバル累計出荷量が100 GW突破し、再びグローバル出荷量ランキングのNo. 1に戻った。また、N型単結晶シリコンTOPCon太陽電池セルの変換効率25.7%を達成し、新しい世界記録を更新した。それに、ジンコソーラーは8年連続でPVEL「トップ・パフォーマー」に選ばれた。

ジンコソーラー、アメリカの総経理Nigel Cockrof氏は「毎年、我々はグローバルのお客様に高品質、高性能、高可信頼性の製品を提供、販売しています。ジンコソーラーはPVELの製品信頼性試験が始まって以来、毎回「トップ・パフォーマー」に認定されました。それはジンコソーラーが継続的に技術の研究や製品の信頼性・優位性に積極的に取り組んでいるからです。」と述べた。

PVELのPVモジュール事業責任者であるTristan Erion Lorico氏は「ジンコソーラーは、PVELのPVモジュール信頼性スコアカードにおいて、8年連続で「トップ・パフォーマー 」に認定されており、これは大変な快挙です。今年の報告書においては、トップ・パフォーマーと認定された15種類のジンコソーラーのモジュール中の3種類は、全ての信頼性試験では、いずれも最高の評価を受けました。我々はジンコソーラーが継続的に高い実績を遂げ、技術革新を通じて、絶えずに業界の新たなベンチマークを作ることを期待しています。」と語った。


--------------------------
ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカインドメキシコブラジルアラブ首長国連邦UAE)、イタリアスペインフランスベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2021年12月31日まで、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が32.5GW、太陽電池が24GW、太陽光発電モジュールが45GW を達成した。
ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナムインドトルコドイツイタリアスイスアメリカメキシコブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリスフランススペインブルガリアギリシャウクライナヨルダン、ウジアラビアチュニジアモロッコケニア南アフリカコスタリカコロンビアパナマカザフスタンマレーシアミャンマースリランカ、タイ、タイ、ポーランドアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。
104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com





配信元企業:Jinko Solar株式会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ