遊園地では安全に楽しんでもらうために、年齢や身長制限があるアトラクションが存在。今ツイッター上では、年齢制限によってお目当てのアトラクションに乗れなかった2歳児が話題になっているのを知っているだろうか。

【話題のツイート】体を使って悔しがる女の子


■お目当てのアトラクションには…

子供

「こちらは遊園地にて『対象年齢3歳以上』に絶望する2歳」とコメントを添え、地面に頭を付けてダイナミックに落ち込む娘の写真を投稿したのは、ツイッターユーザーのしょくぱんさん。本人にとっては一大事だが、大人から見るとかわいくて仕方なく思える瞬間だ。

きっと、家を出る前から楽しみにしてきたのだろう…。この後、笑顔を取り戻せたのかが気になってしまうところ。


関連記事:遊園地の事故で複数遺体を目の当たりに… PTSDを患った元警察官が園を提訴

■ハートを射止められた人が続出

しょくぱんさんの投稿にネットでは、「非常に可愛い」「世の中は辛い悲しい事だけじゃなくて、萌え可愛いものが溢れてる」「ひゃぁ…愛おしや」といった具合に、ハートを射止められた人が続出。

他には、「うちの子は、身長制限があるアトラクション背伸びがバレて号泣していました」「娘可哀想になる時ある。『100cm以上』とか『105cm』以上とか。 2歳とか3歳の時絶望してた」など、同じ年代の子を持つ親からのコメントも多く見られた。

■乗りたかったアトラクション

今回の投稿は、わずか数日で19万件を超えるいいねを獲得。落ち込む2歳の娘を見た時の心境を聞いてみると、「かわいそうだと思いながらも、なんてかわいい悔しがり方、悲しがり方なんだろうと思わず笑ってしまいました」と話すしょくぱんさん。

ちなみにどうしても乗りたかったというアトラクションは、大きなプールに浮かぶ1人乗りの小さな船に乗り、ハンドルをぐるぐる回しながら運転するものだという。小さな子からしたら最高に楽しいだろうなぁ…。


■その後の展開は…

気になるその後の展開については、「しばらく悲しんだ後に、年齢制限で乗れなかったアトラクションをじーっと眺めていました。その後は2歳でも乗ることができる別のアトラクションに乗ってご機嫌になっていました」とのこと。3歳となる来年は、ぜひとも船のアトラクションに乗ってほしいところだ。

多くの人を虜にしたしょくぱんさんの娘は、疲れ知らずでおしゃべりが大好きな性格だという。この悔しさを胸に、どんな大人に成長していくのだろうか。

・合わせて読みたい→井上和香、娘たちと一緒に“人生初のUSJ”を満喫 「はぁ~楽しかった」

(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太

楽しいはずの遊園地で「絶望」する2歳の娘 その理由がネットで話題に…