ジゼル・ブンチェン(41歳)が、18歳の時にモデルとしてトラウマ的な体験をしたという。1998年ロンドンファッションウィークアレキサンダーマックイーンのショーに登場したジゼルは、何も知らないまま、胸が露出した服を着る羽目になったそうだ。

ジゼルは英ヴォーグ誌にこう明かす。

「一番トラウマ的だった瞬間の1つ。衣装合わせをしていなくて、当日ショーに行ってから、『私は何を着るの?』って感じだったの」
「あの頃は英語も片言で、半分ぐらいしか理解できなかったんだけど、把握しているふりをしていた。見当もつかなかったの。『Tシャツか何かあるわよね?』て聞いたら、そんなことはなく、これだった。涙が出てきてね」

また、担当のメイクアップアーティストから、メイクが台無しになるから泣き止んでくれと言われたそう。

まつ毛フェザーをつけていたんだけど、泣いたことでそれが取れてきて、メイクアップアーティストが、『お願いだから泣くのを止めて!』って」
「私は歩きながら『お父さんが、この写真を絶対見ないことを願う』ってずっと思い続けていた」
「だからこのショーは鮮明に覚えている」

この経験は、長きにわたるモデルとしてのキャリアの中でも最も大きなレッスンの1つだったそうで、「私はとにかく逃げたかった。でもそれって自分をより強くしてくれるものだから」とジゼルは続けた。