動物病院と聞くと、たいていのペットは嫌がるもの。行き先を秘密にしていても、なぜか気配を察して隠れたり、ペットキャリーに入るのを嫌がったりします。

 ところが、中には動物病院に嫌な記憶がなく、大好きな子がいるのも事実。そんなワンちゃんのはしゃぎようを紹介した漫画がTwitterに投稿されました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 動物病院大好き!な愛犬の様子を漫画で紹介したのは、イラストレーター漫画家のヤシンさん。ワンちゃんは3歳になるキャバリア女の子とのことです。

 普段から「基本的に陽気で無邪気な性格」とのことで「人が大好き」なんだそう。反面、同じ犬に対してはビビリな面もあるんだとか。

 ワクチン接種のため、動物病院にやってきたワンちゃん。受付の段階から全身で「楽しみ〜!」とばかりに喜びを爆発させ、ゴロゴロと転げ回ります。

 ヤシンさんの膝の上で順番を待っている時も、次に呼ばれるのではないかとソワソワ。呼び出しの声にいち早く反応しますが、そのたびごとに「まだだよ」とたしなめられるほどです。

 そんなワンちゃんですが、注射をされる際にはおとなしくジッとしています。「看護師さんが犬の体を保定してくださるのですが、さすがに体を押さえられると静かにしなくてはいけない、と理解したようです」とヤシンさん。TPOをちゃんとわきまえてるんですね。

 終わった、と分かると一気に元通り。注射の間、体を保持してくれた看護師さんに対して、しっぽを思いっきり振りながら甘えます。「お利口ですね!」とほめる看護師さんの方が飼い主じゃないかというぐらいの甘えっぷりに、ヤシンさんは恐縮しきりです。

 これほど動物病院が好きなのには何か理由があるのではないか、と話をうかがってみると「きっかけは特になく、初めて病院に行った時からテンションは高かったです」とのお答え。

 「受付の方や先生に『かわいい』『お利口』とほめていただくのが嬉しいようです」とのことですから、第一印象がとても良かったのかもしれません。

 中には待合室で順番を待っている際、診察中の子が嫌がる様子を察して「これから何か嫌なことがあるんだ」と刷り込まれてしまうケースもありますが、ヤシンさんのワンちゃんの場合、性格や先生方との相性など、条件がピタリとマッチしていたようです。

 このツイートには「うちのキャバリアも病院大好きです!」というリプライが複数寄せられています。犬種によっても違いがあるのかもしれませんが、うちの子もこれくらい動物病院に抵抗がなければなぁ……と思う飼い主さんは、少なくないでしょうね。

<記事化協力>
ヤシンさん(@Y_ashi_n)

(咲村珠樹)

どんなイベントよりも動物病院が好き!喜び爆発の犬漫画