カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 憧れのシックスパック(腹筋が発達して六つの隆起がでること)を手に入れたいけれど、筋トレが億劫、肉体改造が面倒くさいという人は結構多い。

 カラパイアではこれまで、タンニングスプレー整形手術などで、疑似シックスパックを作り出す人々を紹介しているが、まだ方法があったようである。

 イギリスに住む男性は、夏本番に向けてシックスパック作りを目指していたが、どれだけ頑張っても理想の体型が手に入れることができなかった。そこで最終手段に出た。タトゥーシックスパックを彫ったのだ。

【画像】 タトゥーアーティストのTikTokが注目集める

 南アフリカ出身で、イギリスマンチスタースタジオを持つタトゥーアーティストディーン・ガンサーさんは、顧客に施術した様々なタトゥーを自身のTikTokアカウントに投稿している。

 今回、ちょっぴり変わったタトゥーを依頼した男性顧客の動画が注目を集めた。

 その男性は、引き締まった体型に憧れて何年もジム通いをしていたが、なかなか理想の体型になれず、いつまでもお腹のたるみに悩まされていたようだ。

sixpack1_e

[もっと知りたい!→]その筋肉がまぶしすぎた。庭師の男性を取り合う母・兄・妹のジェンダーフリーなコカ・コーラのCM

 もうすぐ夏が来るのに、このままでは駄目だ…ジムの成果に満足できなかった男性は、ある日ガンサーさんの店を訪れた。

 そして、世界最強の怪力男と呼ばれるエディー・ホールの写真をガンサーさんに見せ、彼のような強靭な腹筋を彫ってほしいとリクエストした。

TikTokで動画を見る

タトゥーで仕上げたシックスパック

 ガンサーさんはまず腹筋をエッチングしてから男性の腹部にインクを注入していった。

 男性は、痛みのあまり施術から1時間後に諦めそうになってしまったようだが、ガンサーさんは2日かけて男性にシックスパックのタトゥーを完成させた。

sixpack2_e

・合わせて読みたい→結果はすぐにコミットしたい?ならばこれだ!筋トレなし、塗るだけでシックスパックができるタンニングスプレー技(イギリス)

 横から見るのはタブーだが、真正面から見ると筋肉隆々に見えなくもない。仕上がりに満足したのは男性だけではない。

 ガンサーさんは、前からチャレンジしたかった腹筋タトゥーが今回できたことに楽しさと喜びを感じ、男性からは施術料は受け取らなかったという。

 動画は、「夏の準備ができた」と男性が誇らしげに笑顔を見せるところで終わっているが、これを見たユーザーらからは次のようなコメントが寄せられている。

・じょ、冗談だよね??

素晴らしい仕上がりだと思うけど、後で後悔しそうだな。

タトゥー部分だけ日焼けしてるのって(笑)

・これは恥ずかしい…!

・これで女性が寄ってきたらびっくりだな。

・今までで見た中で一番悲しいタトゥーだ…

 タトゥーシックスパックを手に入れようとする男性は彼だけではないようだ。以下の動画は、別の男性がシックスパックの施術を受けている時の動画だ。

 スーパーリアリズムアートは、ボディーペイントではなく紛れもないタトゥーだということをガンサーさんは証明している。というかある種の錯視だな。

 いずれも顧客は満足そうだし、本人がハッピーなら結果オーライなのかもしれない。タトゥーなのである意味一生ものだしな。

References:Man is 'summer ready' after getting a six-pack tattooed on his stomach - Mirror Online/ written by Scarlet / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

楽してシックスパックを手に入れる方法を編み出した男性の姿がこちらです