趣味はその人の人生を豊かにし、生活を彩るために大切な要素のひとつです。みなさんも、いろんな趣味を持っているのではないでしょうか。今回は、そんな趣味が彼女にバレてとんでもない結末になったエピソードを紹介します。

 今回お話を聞いた西村寛治さん(仮名・25歳)は、関東の大学を卒業し、大手システム設計会社の専属エンジニア。幼少の頃から機械いじりが好きだった西村さんは、大学も理系で周囲の予想通りの職に就いていました。

地下アイドルのためなら昼飯も我慢

 でも、西村さんには、機械いじりなんかよりもっと入れ込んでいたことがありました。それは、高校の時に電気部品を買いにアキバへ行った時に衝撃的な出会いをしてしまった地下アイドルです。

「最低週1日アキバに通っていました。大手の店舗より高架下の部品屋が僕の行きつけでしたね。朝から夕方までずっと歩き回って部品漁りをしているんですが、たまたまお昼を食べようと交差点で信号待ちをしていると、今まで見たこともないようなカワイ女の子がチラシを配っていて、それが彼女たちとの最初の出会いなんです。それからというもの、高校・大学ではお昼代も節約してライブをしょっちゅう見に行くようになったんです

 しかし、社会人になった西村さんは大手銀行のメインシステムプロジェクトチームに携わるように。当然、趣味の時間は減ったようでした。

「やっぱ、社会人は大学とは違いますよね。あれだけ好きだったコンピュータ関連の作業も、毎日10時間以上缶詰でやってると、正直メンタルも弱ってくるんです。唯一の救いはずっと続けているオタ活ですかね。でも、周囲にはその手の方がいなくって、会社では内緒にしてました」

オタ活の末にリアル彼女ができる

 見た目は長身で、笑顔も素敵でどちらかというとイケメンの部類にはいる西村さん。そんな彼に本当の彼女ができたそう。

「ちょうど取引先のサーバー管理会社の人たちと飲み会があって、今度からウチの担当になるA子さんという人とLINE交換したんです。というか、結構僕のタイプで、酔った勢いもあり珍しく僕のほうからお願いしました」

 ちょっと照れくさそうに語る西村さん。帰りの電車の中で、早速LINEで今日の飲み会のお礼を兼ねてメッセージを送った西村さん。すると、A子さんも電車の中だったらしく、すぐに返事が来たそう。

LINE
※画像は取材を元に編集部とライターにて作成(以下同じ)
「なんか、そのLINEでオタ活以外の趣味の部分で意気投合しちゃって、次の日曜日に会うことになったんです。ほんとビックリです」

 初デートはとても楽しかったらしく、二人は急接近し付き合うことになったそうです。

彼女からのお泊まりLINEに焦りまくる

 順調に交際は進み、3か月ほどたったある日の昼休み、彼女からLINEメッセージがあったそうです。そこには「あのさ。今度の三連休、寛治くん家泊まりにいってもいい?」と。

「いきなり直球できたメッセージに、飲んでいたカフェラテ吹き出しそうになったのを覚えています」

LINE

 実は西村さん、大学時代に一度だけ女性とお付き合いしたことはあったそうです。でも、いわゆるプラトニックで、女性経験は玄人さんのみだったそう。

「奥手気味な僕にしびれを切らしたんでしょう。でも、僕もそろそろそうなってもいいなと思っていたので、快くオッケーの返事をしました。ただ部屋は、あたり一面オタクグッズで埋め尽くされていましたので、とりあえず押し入れの中にフィギュアやCDなど、それらしき品々を片っ端から詰め込み。押し入れの座布団とか冬に使う電気ストーブとかをいったん外に出したのを覚えています」

 隠蔽工作のため、普段は残業三昧の西村さんですが、彼女が来るまでの数日間、ほとんど定時に退社し、念入りに行ったそうです。

全ての苦労が水の泡に

 三連休の初日、A子さんは昼過ぎにやってきました。昼間はピザを注文し、夜はUberで鰻丼を頼んだ二人。出足は順調のように見えました。

「ところがなんです、ちょっと安心してしまったのか、夜になって僕がシャワーを浴びている間になんと彼女が押し入れの扉を開けたらしいんです。当然、その中にはたくさんのオタ活グッズがあり、A子もそれを目の当たりにしまました。僕がシャワーから出てきてた時、すでに彼女は放心状態でした」

 気まずい沈黙が続いたのち、A子さんは「今日はごめんなさい。私、帰る」と言って足早に出て行ったそうです。その後、帰りがけの電車の中から、A子さんは詫びる内容のメッセージLINEで送られてきたも破局。西村さんは苦悶の末、オタクをそこから封印することを決めたそう。でも、半年後思わぬ展開が西村さんを待ち受けます。

LINE

「地元の同年代社会人が集まる飲み会で、たまたま自分の横に座った女性がなんとオタクの子だったんです。とりあえずその時はLINEだけ交換して、後日やりとりする中で、なんと推しのグループが同じだったんです。しかも彼女は今でも毎週欠かさずにライブに言ってるらしく」

 二人が付き合うようになるまでにはそう時間はかからなかったそう。今では、毎週カップルアキバに通っているとか。よかったですね、西村さん。

TEXTベルクちゃん>

【ベルクちゃん】

愛犬ベルクちゃんと暮らすアラサー派遣社員です。趣味は絵を描くことと、愛犬と行く温泉旅行。将来の夢はペットホテル経営です。よろしくお願いします