誰でも人に見られたくない瞬間はあるだろう。海外ではその姿を見られた上に殴られてしまった人がいる。

 アメリカ・フロリダ州で、自慰行為をしていた夫に暴行を加えたとして、警察がDVなどの容疑で妻を逮捕したと海外ニュースサイト『the smoking gun』が5月16日に報じた。

 ​>>31歳男が祖母を殺害、遺体と性行為 精神病を患っていた? 刑の軽さに疑問の声も<<​​​

 同記事によると、5月10日午前10時45分ごろ、51歳の男性(以下夫)は同州の自宅にいたそうだ。夫が自宅のどこにいたかは不明だが、携帯でアダルトサイトを見ながら自慰行為をしていたという。その姿を見かけた30歳の妻は激怒し、携帯を渡すよう要求。これに従い、夫は自分の携帯を渡したそうだ。

 夫の携帯をチェックした妻は、夫が某有名掲示板サイトに書き込みをしており、何者かと交流していた事実を確認。具体的な交流内容については報じられていない。その内容を見た妻はさらに激怒して、夫と口論を始めたという。

 口論は次第にエスカレート。妻は革のベルトをこぶしに巻き付けて、夫を繰り返し殴ったという。ベルトは大きな金属のバックルが付いているもので、破壊力があったそうだ。夫は携帯を奪い返して、警察に通報した。

 駆け付けた警察によると、夫の腕や背中に、大きな赤い腫れが複数見られた。夫が病院に行ったかは不明だ。妻は自宅前の路上にいたという。警察は妻にも事情を聞いたところ、「夫がマスターベーションしていて動揺してしまった。夫を殴ったのは自分を守るため」と正当防衛を主張しているという。

 警察は、DVなどの容疑で妻を逮捕した。現時点で保釈は認めていない。近日中に妻の裁判が開かれる予定だという。

 このニュースが世界に広がるとネット上では「オナニーは別に問題ないだろう。ひどい女だ」「ネット上で浮気か?」「20歳年の離れた年下妻。ひとりHも許してくれないならうらやましくない」「一人で楽しまずに、妻と楽しめば良かったのに」「ひとりHは隠れてやったら? 何も妻に見つかる場所でやらなくても」「朝から元気な50代。さっさと離婚して新しい人を見つけなさいな」といった声があがった。

 夫婦や家族は、一緒に過ごす時間が長くなりがちだ。ときには、気に入らない姿を見るときもあるだろう。だからといって、暴行を加えてよいはずはないだろう。

記事内の引用について
Wife Beat Hubby Over Porn Pleasure Session(the smoking gun)より
http://www.thesmokinggun.com/documents/stupid/wife-beat-hubby-over-pleasure-session-896035
画像はイメージです