「イクメン」という言葉が定着して久しいこのごろ。国も、育休の提供を積極的に企業に呼び掛けている。しかし、「父親の時間」を拡大された男性たちは、はたして「親」として効果的に機能しているのだろうか。

JBpressですべての写真や図表を見る

 父親だからできる子育てとは、どのようなものなのか。また、子育ての本質を理解しないイクメンたちは、子どもたちにどのような悪影響を与えてしまうのか──。『イクメンの罠』(新潮新書)を上梓した、MP人間科学研究所代表・榎本博明氏にお話を聞いた。(聞き手:あきばた、記者兼プロカメラマン

※記事の最後に榎本博明さんの動画インタビューが掲載されています。是非ご覧下さい。

──「イクメン」という言葉を耳にする機会が増えました。政府は男性の育児休暇取得率の目標を30%に引き上げるなど、男性の育休取得を促進する法改正も進められています。男性の育児参加が一つのブームとなりつつある昨今の流れについて、先生はどのようにお考えでしょうか。

榎本博明氏(以下、榎本):「ブーム」というのはとかく過剰になったり、歪んだりしやすいものです。特に行政主導で行うと、まず数値目標ありきで始まってしまいます。そうなると、数値を上げることだけに着目して、中身がスカスカの状態で運用することになってしまう。これは、あまり良くないことだと思います。

 本書の中でも述べましたが、どうやって子育てをすればいいのかわからないのにただ休みだけを取ればいい、というのはそもそも間違っています。

 現状でも、育休を取っている父親に対して、母親が「結局役に立たないじゃないか」というような不満を持っているケースもあるし、逆に稼ぎ頭として仕事に注力している父親が、平等に育児をやれと圧力をかけられることによって疲弊してしまうパターンもある。時間的にも能力的にも、平等に育児を行うことが現実的ではない場合もあるのです。

「よそはよそ、うちはうち」ではないですが、外国だと周りを気にせず、我が家流にこだわって育児をする方も多い。だけど、日本人は世の中の流れに合わせる素直な人が多い。家庭の数だけ育児がある中で、この“素直すぎる性質”は少し問題ではないか、とも感じています。

──会社から育休をもらっても何をすれば良いのかわからず、ただ休暇として消化したという話を耳にします。「休暇を与えるから育児に参加しなさい」というのは制度としてそもそも無理があるのでしょうか。

「登校拒否」「不登校」「ニート」が生まれた背景

榎本:ただ育児休暇を取るだけで、実際子育てには参加していないという状況になる背景には、役割意識の希薄さがあるのではないかと考えています。

 現在のイクメンを推奨する動きの中では、役割意識についてはあまり触れられていません。奥さんが子育てをしているのだから、それを分担してあげなさい。それくらいの認識でしかない。子育てをするからには、父親としてどんな役割を担うことが重要なのか、子育て上の自分の立場を自覚することが大切だと思います。

 親が子育ての中で自分の役割を明確にしていないと、そのしわ寄せは子どもの育ち方に表れてきます。父性によって鍛えられてこなかった場合、ちょっとした衝動がコントロールできないとか、忍耐力や自立する力が弱いまま成長することになるかもしれません。

 父性や母性などというと勘違いされやすいのですが、これは男性や女性に固定されるものではありません。厳しくつき放し鍛え上げる父性機能や暖かく包み込むような母性機能、それらは心理学の中での心の機能であり、性別にかかわらず担うことができるものです。

 社会は思い通りにならないことだらけです。そういった意にそぐわない社会や人生を乗り越えるための力を子どもにつけさせるのが自分の役割だと自覚すれば、おのずと子育てでやることも見えてくるのではないか、と思います。

──父性機能と母性機能について説明されている箇所で、「子どもが赤ちゃんから幼児になったら母親と父親が同じ役割を分担しあうというような育児はしなくてもいい」と書かれています。また、父親がもう一人の母親のような存在になってしまう、イクメン育児の危険性についても触れています。父性・母性の観点で考えた時、父親の担うべき役割はどのようなものなのでしょうか。

榎本:1980年代に、「不登校」という言葉が出てきたのを覚えているでしょうか。その前は「登校拒否」という呼び方をしていました。2000年あたりからは「ニート」という言葉が登場しました。

 社会問題として取り上げられてきたこれらの現象には、いきすぎた母子密着、あるいは父性の欠如が関係していると言えるでしょう。家庭内での結び付きが強すぎて、家庭の外で自立する力の弱い子が増えてきているのです。

 かつての日本には、子どもは社会からの授かりものだという意識がありました。一人前に育てて社会に送り出す、これこそが親の使命だった。でも、今はそれを忘れて、いつまでも自分の所有物のように、まるでペットのように可愛がってしまう。これは本当に由々しき問題です。

 長期的な視野に立ってみれば、むやみやたらと可愛がり続けることが子どもにとってマイナスにしかならないことは想像に難くないと思います。

父性機能を衰弱させた「ほめる育児」

榎本:こういった想像ができない原因は、父性機能の衰弱です。ではなぜ父性が衰退しているのかというと、それこそが今話題の「ほめる育児」に関係しています。

 ほめる育児はもともと欧米で行われていた育児法で、それを日本が模倣して取り入れてきました。でも、表面的に欧米の真似をしてほめているうちに、大切な父性機能が欠落してきてしまったのです。

 実は、欧米社会はめちゃくちゃ父性機能の強い、極めて厳しい社会です。親子関係で言えば、生まれた時から親と子が切り離されています。欧米人にとっての子どもは、夫婦中心の生活の中でたまたま生まれた別世界の存在なのです。

 赤ちゃんの頃から一人部屋で寝かせられ、幼稚園児でも親と一緒にお風呂に入れば同性異性にかかわらず幼児虐待だと通報されかねない。そして、子どもはある程度の年齢になれば、自立して家を出ていくのが当たり前。

 それくらい個と個が切り離されている欧米の環境の中においては、親は自分の子どもであっても別の個体と認識し、他人として言葉をかける。言葉が親子関係の橋渡しなのです。「自慢の子どもだ」「尊敬する親だ」とお互いに言い合うことで、彼らは言葉を介してつながっている。

 ひるがえって、日本人はどうでしょうか。かつて日本の文化においては、子どもをほめることはほとんどありませんでした。子どもが何かを上手にやっても、天狗になってはいけないと厳しい言葉でクギを刺していた。でも、子どものいないところではとても喜んでいる、そんな育て方でした。

 なぜこのような姿勢を取っていたかというと、日本は欧米とは逆で、もともと親子の絆が非常に強いからだと思います。赤ちゃんの頃から添い寝をし、かいがいしく世話をする。言葉がなくても、強い情で結ばれていたのです。そんな環境で、言葉までやたらとほめ続けたらどうなるのでしょうか。

 一つ、親と子の距離がゼロになってしまうことで、べったりとくっついて自立できなくなってしまう懸念があります。そして、もう一つ心配すべきは、子どもの衝動コントロールがうまくできなくなるかもしれない点です。

 社会に出たら自分の思い通りにはならず、価値観の違ういろいろな人と協調して集団生活を送る必要があります。自分の意見が通らないからと暴れていては、社会でうまくやっていくことなどできません。

 そうならないために、厳しく教えたり忍耐強く諭したり、あるいは自分がロールモデルとなって態度で示す必要がでてくるわけです。それをやらずにただ可愛がっているだけでは、社会になじめないワガママな大人になってしまうかもしれません。

 ここ最近、小学生の暴力事件が急増しています。かつては思春期に入って荒れる中学生などといわれていたものが、今では中学生よりはるかに多くの暴力問題を小学生が起こしている。自我の目覚めで親に反抗するのではなく、もっと手前の社会性が身についていない子どもたちが自分の気持ちをコントロールできなくて暴れているのです。

 この現状は、親たちも知っておく必要があると思います。

子どもの心を鍛える場所は家庭以外になし!

──近年、小学生による暴力行為が急増するなど、子どもたちの衝動をコントロールする能力の低下について本書で指摘されています。どうすれば、自制心のある子どもへと育てることができるのでしょうか。

榎本:子どもたちの衝動コントロール能力が低下しているのは、やはり我慢させることをしっかりと親が教えていない家庭が増えたのが一因だと考えています。ほめて育てることばかりが広がって、「キツいことを言うと子どものトラウマになってしまう」などという人まで出てきている。厳しくすることと虐待を混同するような思想が、世の中全体に広がってきている。

 子どもを取り巻く環境というのは大きく変化しています。かつては学校などの教育現場でも厳しく指導する姿勢がありましたが、今ではそういったことは減りました。子どもを鍛えようと思って厳しく指導をすれば、親やメディアから責められて問題になってしまう。そうなると、教師自身が処分されかねない。

 教師としても、自分の家族をまず守ることが前提になってきます。熱血教師は解雇されて、他人の子だから注意すべきところでも別に叱らなくてもいいや、という教師が守られている。そんな現状は間違っているように感じますね。

 でも、世論が厳しさを受け入れない方向に向かっているため、教師としてはほめるしかない、厳しく注意をすることができないのです。

 我慢することができない子は、例えば、小学校に入った時にまずじっと座っていることが難しかったり、ルールを守ることの大切さがわからなかったりする。勉強だって遊びと比べてつまらないからと、フラフラ立ち上がって教室から出ていってしまう。

 学校は、そうやって出ていく子を追いかけるための補助教員などをあえて採用している。非常におかしなことになってきていると感じています。

 では、どうしたら心の強い子が育つのかといったら、やはり親自身が責任を自覚して父性を発揮するしかありません。教育現場や外の環境で厳しさが失われてきている以上、心を鍛える場所は家庭しかないのです。小さい頃から親が父性機能を発揮して接し、子ども自身が力強く社会への一歩を踏み出せる力をつけさせる、そんな子育てをしていく必要があります。

パパがカミナリ親父になる必要はある?

──子どもが1歳になるくらいまでの、父親の役割というのはどのようなものでしょうか。

榎本:1歳くらいまでは、父性・母性の役割に明確な線引きをせずにいてもいいとは思います。ただ気持ちの上で、例えば、配偶者の子どもへの関わり方を見ていて、何か欠けている部分があれば、それを自分が補うように意識することは大切です。

 ただ、2、3歳くらいからは徐々に心を鍛えていく必要はあると思います。というのは、子どもは3歳になると幼稚園などに入園します。今までは親が子ども目線でいてくれましたが、友達同士ではそうはいかない。外の社会に触れるためには、ある程度の心のタフさや社会性が身についていなければ適応できません。

 こういった1歳以降のことも念頭において、ビジョンを持って子育てをすれば、必然的に子どもとの関わり方も変化してくると思います。

 ただ、きちんと子どもを導こうと思って最初から「怖いオヤジ」になる必要はありません。小さいうちにしっかり慣れ親しんで、愛着を形成してこそ気持ちが通じ、後々厳しく鍛える機能を果たすことができるのです。できるだけ多くの時間を共に、密に過ごすことが重要です。

 よく父親は遊ぶだけなんて非難されることもありますが、遊ぶことはとても大切です。人間は遊びを通して人との距離感などの社会性を身につけます。きちんと社会性を身につけないと、人との関わり方が苦手になったり、引きこもりになったりなどの社会問題につながっていく可能性もあります。

 ボール遊びやジャングルジムなどを積極的にやらせる、でも小さな子をいきなり外に出すのは当然危険もあるので、母性的な保護機能を併せ持ってしっかりと見守るなど、自分の立ち位置を自覚すると見えてくることがたくさんあると思います。

頑張ること、我慢することを教えるために

──母親が、父親がと言うのではなく、夫婦でお互いの足りないところをサポートすることが大切だということでしょうか。

榎本:母親が保護機能を中心に発揮しているとしたら、母子が密着しすぎないように一歩距離を置いて接していく、というのは重要になってくると思いますね。

「もうちょっと頑張れよ」「少し我慢しないとね」などと声をかけて、遊びの中で頑張ることや我慢することを教える。そうやって心を鍛えず、ただ可愛がるだけでは、思い通りにならないと嫌になり、頑張れない子、我慢ができない子になってしまいかねません。

 私は父性や母性というのは、親の性別に固定されるものではないと言いました。つまり、母親や父親の性格によって、どちらが保護機能や鍛える機能を発揮しても構わないのです。

 どちらかがいつも厳しい存在になるのではなく、必要に応じてお互いの役割を変えることができれば、それは子どもにとって安心できる場所が増え、よりのびのびと過ごすことができることにつながります。親側も、お互いが父性と母性の立場の両方を担うことで、一方だけを負担した時のようなストレスが減り、いくらか気楽に子育てができるかもしれません。

 例えば、何か子どもに注意をしなくてはならない場面で、つい少し厳しく言い過ぎてしまうことがある。人間だからそういうことはきっとあるでしょう。そういった時に、もう片方の親がフォローを入れる、優しく教え諭す、厳しさを少し中和する機能を果たす。そんなふうに、両親でお互いのバランスを補い合えば良いのではないでしょうか。

──本書では、IQばかりではなく、内面的スキルである非認知能力や、心の知能指数と呼ばれるEQを養うことの重要性についても言及されています。日本人はIQに重きを置きすぎて、EQをおろそかにしていると感じますか。

米国人が反省したIQ重視の後を追う日本の愚

榎本:もともとIQを重要視していたのは米国で、頭が良いことこそが素晴らしいことだと考えられてきました。でも、かつての日本はその逆で、EQの高さ、つまり他人への共感性とか衝動をコントロールする力、忍耐力などに重きを置いた子育てをしていました。

 そんな米国では昨今、IQ重視の子育てのあり方を見直し、心の成熟度でもあるEQを伸ばすように方向転換を始めています。それはなぜかというと、EQが高い子どもの方が将来的に高学歴だったり、年収が高かったりするというデータが出てきているからです。

 映画やスポーツを見ていて感じたことがあるかもしれませんが、米国人はしっかりと自己主張をし、何か気に入らないことがあれば衝動的に気持ちをぶつけることがある。例えば、激高して机を叩いたり椅子を蹴ったりするわけです。

 でも、こういった衝動をコントロールできないと、社会でせっかく手に入れた地位や信用を一気に台無しにしかねません。そこで、情緒的な知能指数とも言われるEQが注目されるようになってきました。

 ところが、日本はいわば米国コンプレックスで、かつての米国の失敗を真似するような方向へと向かっています。自己主張をすることが善で、我慢するような時代じゃないと言い出しているのです。

 米国では、我慢する力を持つことが高収入につながっているというデータも出てきているのに、日本は逆方向へと走り出している。米国人が反省して改めようとしている「衝動的で我慢ができないわがままな人間像」を今の日本が作ろうとしているわけです。

 せっかく日本が子育てで大切にしてきたEQ、非認知能力を、今まさに破壊しようとしている、この問題の深刻さに我々は気づかなければならないと思います。

榎本先生が実践した仕事と育児の両立

──改めて、先生ご自身の子育てについて教えてください。

榎本:私は、もともと子どもが好きでした。でも、配偶者である妻は少し考えが違っていて、今の女性活躍社会を先取りしたような考え方をする人でしたから、子どもはいらないと言われました。それを4年ほどかけて説得して、といった経緯があるものですから、必然的に子育てにはしっかり参画しようという意識になっていたように思います。

 大学の教員というのは子育てには恵まれていて、仕事と育児を両立しやすかったというのも大きいと思います。

 大学教員といっても、理系の場合は研究室にこもらなくてはならないかもしれないですが、私は文系でしたので、家で仕事ができた。週3日ほど授業や会議にでて、残り4日は家で仕事と子どもとの遊びに費やすなど、比較的フレキシブルに対応が可能でした。

 ちょっとした時間で公園やデパートの屋上庭園へ行ったり、場合によっては出勤日さえも職場に連れて行ったりするなど、子どもと過ごす時間を大切にすることができたかなと思います。

──職場にお子様を連れて行ったという話ですが、当時、子連れ出勤に職場は理解があったのでしょうか。

榎本:まあ、理解はないですよね。昔は、日本では職場である町工場や農作業場所なんかに、男も女も子どもも皆いたわけで、そこからだんだん職場にいるのは男性だけ、という形になっていった。

 時代が流れて職場に女性が戻ってきて、そうなれば次に戻ってくるのは子どもだろうと私は周りに言っていました。私の信念としても、子どもが職場をうろうろするのが当たり前の状況になるべきだろうと考えていたからです。

 でもやっぱり、職場をナメてるなどと言われるわけです。「うちの子がナメてるのは床だけで、職場はナメていないですよ」などと軽口を飛ばしても、笑われるどころか引きつった顔をされました。

 なにしろ当時は女性であるアグネス・チャンが、子連れ出勤論争を巻き起こしていた時代ですから。そういう時代に男が子どもを連れ回していたのは、周りからすると、とても異様な光景に映っていたのではないかと思います。

──現在の子育て世代は共働きが過半数を占めていますが、ひと世代前まではサラリーマンと専業主婦という家庭が一般的でした。子育ての形は時代とともに変遷していると思います。日本の父親像はどのように変わってきているのでしょうか。

まだ見えない現代に求められる父親像

榎本:もともと父親は子育てには参画していなかったと思っておられる方が多いかもしれませんが、歴史を遡ると、夫婦ともに農作業などで働く時代の方が長かったのです。専業主婦は、比較的新しい概念だと言えます。

 かつての日本には家制度というものがありました。どこに出しても恥ずかしくないような立派な後継ぎを育てる、そしてそれは主に父親の役目とされていた。江戸時代なんかには子育て本がたくさん出回っていて、その主となる読者層は父親でした。そこに、ヨーロッパから専業主婦という概念が明治時代以降入ってきたわけです。

 ヨーロッパには独特の社会階層があり、特権階級では日本と違って夫婦で働かず子育てに母親が専念するという形がとられてきた。夫婦で必死に働いていた日本人は、その専業主婦という存在に憧れを抱いたわけです。そうして経済成長とともに専業主婦が広く浸透していくのですが、そこからさらに時代が変わって、再度女性が外で働く社会になっていく。

 男性主体で子育てをしていた時代から、戦後復興期は女性に子育てをまかせる流れとなり、さらにもう一度女性も社会への進出を果たしていく。この頃から、父親の心理的不在が取り上げられるようになっていきました。「亭主元気で留守がいい」などと言われ、父親はただ稼いでくる存在となっていった。

 でも、そうやって父親がいるにもかかわらず心理的不在が続くと、母親が父性をも担う必要が出てくる。これは、なかなか片親への負担が大きくなるのではないかと思いますね。

 そして、最近のイクメン文化の流れから、女性の社会進出チャンスを広げよう、そのために家事育児を分担しようということで、求められる父親像はさらに大きく変化してきているように感じています。

 今は激動の時代ですから、実際のところ、現代に求められる父親像はまだハッキリとは定まっていないのではないかと思います。今の時代にふさわしい父親像が明確にならないから、皆子育てに対してモヤモヤしている。そういう中で、数値目標だけを上げて育休を取れなどと言われても、自分がどうふるまえばいいのかわからなくなってしまうわけです。

 私は世の中のご両親すべてに、父親、母親としてどんな役割を担うべきか考えてもらうために本書を執筆しました。この本を通して、これからの時代を生き抜く子育てのあり方、自分たちの役割を今一度夫婦で話し合うきっかけができればいいと考えています。(構成:水上 茜)

榎本博明氏の動画インタビュー

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  プーチン・ロシアを批判するほど反体制派は殺される

[関連記事]

拉致、監禁、身体拘束、薬漬け……これでいいのかニッポンの精神医療

無価値な仕事ほど高給でエッセンシャルな仕事は低給の悲しきメカニズム

「イクメン」は「父親」に脱皮できるだろうか(写真:アフロ)