逮捕・手錠・女性

逮捕されると分かっていながらむちゃくちゃな運転をし、警察署に連行されマグショット(逮捕写真)を撮られても満足そうな表情を見せみせた女。どうしても叶えたい夢があったと、『New York Post』などアメリカメディアが伝えている。


■10代の女が暴走

先日午前7時45分頃のこと、アメリカ・フロリダ州で暮らす19歳の女が日本車に乗り、むちゃくちゃな運転を始めた。猛スピードで走行する車を発見した警察官は、すぐさま追跡を開始。女もそれに気づいたが停車しようとはせず、さらにスピードをあげて走り始めた。

しばらくすると追いつかれ車を停めた女だったが、逮捕されても反省はゼロ。それどころか意外なことを口走り、警察官を驚かせた。


関連記事:赤ちゃんを腕にぶら下げ「この子をお願い」 わが子を他人に押し付けようとした女が逮捕

■「夢が叶った」と語った女

逮捕された女は、警察官に向かって「高校時代から、逮捕されてみたいとずっと思っていたの」「死ぬまでにしたいことのひとつでした」と話したという。

この珍しいケースを現地警察がSNSアップしたところ、驚きの声が噴出。「私の願いは、死ぬまで絶対に逮捕されないこと」と書き込んだ人もいる。

■世間はあきれる

女の行いに多くの人があきれ、「もっとマシな夢はないのか」「こんなことを願う人間がいるなんて、本当に恐ろしい」というコメントインターネットに多数書き込んでいる。

なお「実際に逮捕されたことを機に、この女も更生できるのではないか」「立派な目標を持つきっかけになればいいと思う」という声も。ただマグショット、実名、年齢などを各メディアに公開されているため、今後の就職などに悪影響が出る可能性は低くはなさそうだ。


■「逮捕して」という人は他にも…

「死ぬまでに、一度は警察に捕まってみたい」と願う人は、確かにいるようだ。

数年前にはオランダの女性(当時99)が「死ぬ前に留置場に入ってみたい」と言い出したため、姪が警察に連絡し事情を説明。「夢を叶えてあげたい」と考えた警官たちが女性に手錠をかけて署に連行し、大喜びさせたと報じられた。

・合わせて読みたい→誘拐犯に育てられた女性 「それでも私の母」と主張し早期釈放に期待

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

「どうしても逮捕されてみたかった」 わざと無茶な運転した10代女が逮捕