1968年に創刊し、翌1969年から週刊ペースでの刊行が始まった『週刊少年ジャンプ』。冒険漫画や恋愛漫画はもちろんですが、ギャグ漫画の名作も数多く本誌から誕生しています。そこで今回は、ジャンプ史上最高に面白いと思うギャグ漫画はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 Dr.スランプ
2位 斉木楠雄のΨ難
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』!


何よりもお金をもうけることが好きで、型破りな葛飾区亀有公園前派出所勤めの巡査長・両津勘吉が繰り広げるドタバタ人情ギャグ漫画。1976年2016年まで約40年にわたって連載され、2021年10月には5年ぶりの新刊となる201巻が発売された。

作者秋本治

2位は『斉木楠雄のΨ難』!


テレパシー・予知・透視・千里眼といったさまざまな超能力操ることができる主人公斉木楠雄。ただ、この力のせいで不幸な人生を送ってきたと感じている彼は、人前では超能力を封印。目立たず人と関わらずに生きていこうとするが、超能力を使わざるを得ない事態が次々とやってくる。

作者:麻生周一

3位は『Dr.スランプ』!


自称・天才科学者の則巻千兵衛と、彼が生み出した怪力を持つ少女型ロボットアラレが、ペンギン村を舞台に暴れまくる痛烈ギャグコメディー。1981年1986年には『Dr.スランプ アラレちゃん』のタイトルアニメ化され、一大ブームを巻き起こした。

作者鳥山明

このように、惜しまれながら2016年に連載が終了した“こち亀”こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が堂々の1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~51位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが最高に面白かったと思うジャンプギャグ漫画は、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,491票
調査期間:2022年4月20日2022年5月02日
最高に面白かったジャンプのギャグ漫画ランキング