急いで洗濯物を干したときの出来事を描いた漫画がSNS上で話題となっています。毎朝、慌ただしく家事をこなしている女性。家を出る前に、何とか洗濯物を干し終えたいと焦っていると…という内容で、「分かります!」「歌うと家事も楽しくなりそう」「想像して笑っちゃいました」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

無意識に定番曲を口ずさんでいたら…

 この漫画を描いたのは、主婦のchikaso12(ペンネーム)さん(37)です。3児の母として日々奮闘しながら、インスタグラムで日常漫画を描いて発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

chikaso12さん「小学生の頃はよく漫画を描いていましたが、いつの間にか描かなくなったまま大人になりました。子どもがお絵描きが好きなので、一緒に絵を描いているうちに、また漫画を描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

chikaso12さん「リアルな出来事です。そのときは恥ずかしかったですが、漫画にその恥ずかしさをぶつけました」

Q.急いでいるとき、よくF1のテーマを口ずさむのですか。他の曲もありますか。 

chikaso12さん「よくF1のテーマを歌います。私がいつも歌っているので、子どもたちもいつの間にか歌っています(笑)

Q.ご近所さんに見られたあと、どんな会話を交わしましたか。 

chikaso12さん「F1のテーマには触れられず日常会話だけだったので、なんだか余計に恥ずかしかったです」

Q.このとき、出かけるまでに洗濯物を干し終わりましたか。

chikaso12さん「はい、なんとか間に合いました!」

Q.出かける前に洗濯が終わるように、時間を逆算するのはなかなか難しいですよね。 

chikaso12さん「子ども着替え終わってからパジャマも一緒に洗濯するので、子どもの用意次第ですね。多いときは2、3回洗濯機を回すので、うっかり回し遅れるともう間に合いません!」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

chikaso12さん「私と同じように、皆さんついつい歌ってしまう歌があるみたいですね。でも、F1のテーマを歌う方はいませんでした(笑)

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。 

chikaso12さん「最近はイラストにチャレンジしていますが、子どもが小さくて大変だった頃の話を、漫画の続きもので描いてみたいです。育児に奮闘しているお母さんに笑いや共感をお届けできれば、と思っています」

オトナンサー編集部

急いで洗濯物を干したときの出来事を描いた漫画のカット=chikaso12(chikaso12)さん提供