image秒刊SUNDAY

シンプルで使い勝手の良い商品を提供している無印良品。多くのショッピングモールにテナント出店されていることもあり、店舗を目にする機会も多くなりました。その無印良品、食料品が充実していることでも知られていますが、特に「カレー」の充実には目をみはるものがありました。たくさんのカレーの中から、店員さんにおすすめされた2品を紹介させていただきます

無印良品カレー」店員さんのおすすめはコレ!

カレーの品出しをされていた店員さんに、おすすめのカレーを伺いました。「間違いないのはコレですね!」と案内されたのは「牛すじカレー」と「ジンジャードライキーマ」の2品。牛すじライスで、キーマはナンで食べるのがおすすめだそうです。

image秒刊SUNDAY

「素材を生かした牛すじカレー」は税込250円……安い!

image秒刊SUNDAY

「素材を生かしたカレー ジンジャードライキーマ」(350円)には「ナン」(190円)を追加して購入しました。

image秒刊SUNDAY

温めるだけの簡単調理!

どうも、レトルトカレーはレンチンよりも湯煎派です。フライパンだとお湯の量が少なめで済むので、ぜひお試しください。

image秒刊SUNDAY

「ナン」も説明書き通りにトースターで温めます。ちょっと小さめですが、重量があるので食べごたえがありそう。

image秒刊SUNDAY

完全に2人前のカレー定食が出来上がりました。とにかく香りがスパイシーで、安いレトルトカレーとは思えないレベル

image秒刊SUNDAY

これは……専門店の味!?でもここだけは残念!

まずは「素材を生かした牛すじカレー」から。ゴロゴロ入っている牛すじ……おそらく市販のカレールーだと「辛口」相当のカレーですが、旨味を甘みも感じられ、こいつは極上のカレー

image秒刊SUNDAY

やわらかすぎない絶妙な硬さの牛すじスパイシーだけど味を壊さない程度の辛さ、これが税込250円は本当にスゴい!某カレーチェーン店より確実に筆者の好みでした。

image秒刊SUNDAY

続いて「素材を生かしたカレー ジンジャードライキーマ」を……。これも辛味が最初にやっていますが、すぐにスパイスの香ばしさとひき肉の旨味がそれを超えてきます!鼻から抜ける香りは、まるで極上のネパールカレーのような味わい。

image秒刊SUNDAY

そして「ナン」に乗せてパクっとな……これはダメ、マジでダメ。説明どおりにトースターで温めたのですが、パッサパサでモッサモサ。ナンの良さはモチモチ感だと思っているのですが、残念ながらそれは皆無といわざるをえません。ナンだけは別で買うか自作されることを強くオススメいたします……これは惜しい!

image秒刊SUNDAY

カレー120点、ナンは10点というのが率直な評価。商品名の「ナン」というのは、火の玉ストレートのど直球で大好きなネーミングなんですけれどね……。

image秒刊SUNDAY

「ナン癖」をつけてしまったようで申し訳ございません……「ナン」だけに。カレーの美味しさはホンモノなので、本当に「ナン」はナンとかしていただきたかった気がします。ごちそうさまでした!

素材を生かした 牛すじカレー 250円(税込)
素材を生かしたカレー ジンジャードライキーマ 250円(税込)
ナン 190円(税込)

近所に無印良品がないという方は、郵便局で買える北の富士カレーもおすすめです!

source無印良品



画像が見られない場合はこちら
無印良品のカレーが熱い!店員さんおすすめ激ウマカレー2選を食べるも残念な点が1つだけ……