上原浩治

野球解説者の上原浩治氏が22日、自身の公式ツイッターを更新。ネットニュースで報じられた『サンデーモーニング』(TBS系)で担当するご意見番への“不要論”に困惑を示した。

【ツイッター】“不要論”を受け「負けずに頑張る」


■ネットの“不要論”に困惑

上原氏は『サンデーモーニング』で定番のスポーツコーナー“週刊ご意見番”を昨年末まで務めた張本勲氏の後任を引き継いだ。しかし米国滞在のためリモート出演することもあり、「張本氏のほうが…」と言った声をとりあげたネットニュースで不要説が伝えられていた。

上原氏は報道を受け「『サンデーモーニング』で、上原不要論が出てるらしい。アメリカにいるから?」と、自身の現在の状況をあげ困惑を示した。


関連記事:上原浩治氏、『サンモニ』張本氏の後任に決定 “自分らしく”スポーツの素晴らしさ伝える

■“不要論”に「負けずに頑張る」

上原氏は地団駄を踏んで悔しがるイラストを添え「日本にいるときよりも、日米の野球をめっちゃ見てるんやけどなぁ」とネットニュースに本心を吐露。

批判的な報道にも「負けずに頑張る」と意気込みを明らかにするとともに「ってか、この番組は大変だなぁ。いろいろ言ってくる人が多すぎるわ」と、上原氏や番組に寄せられる賛否両論コメントに感想を述べた。

■上原の解説に“あっぱれ”の声

“不要論”に困惑する上原氏だが、コーナーの解説に「色々な情報をしっかり仕入れているな〜と感心します」「上原さんの出演は楽しみです」「上原さんの解説が大好きです」と好評の声が。

また「言いたい人には勝手に言わせておけばいいと思います」「そんな人のことは無視して、頑張ってください」と批判を受け流す意見や「私は上原さんの御意見番に『あっぱれ』です」と、定番のフレーズで称賛などが寄せられていた。


■自身の“不要論”に困惑示す

・合わせて読みたい→上原浩治氏、母校にレギュラー初の「喝&あっぱれ」 放送後に緊張の理由を告白

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

上原浩治氏、『サンモニ』不要論に困惑 「アメリカにいるから?」