ワンピース

近年、「考察ブーム」が起きている。考察界の問題点と可能性を、昨今話題の『ONE PIECE』(集英社)の考察界隈を手がかりとしながら考えたい。


■粗品の考察への自然ツッコミ

昨今、考察系YouTubeが流行っている。中でも、昨今は『週刊少年ジャンプ』で連載中の『ONE PIECE』界隈の展開が話題。

ONE PIECE』界隈でも考察YouTubeがなかなか熱く、最近の『週刊少年ジャンプ』の『ONE PIECE』の展開には、多くのタレントも反応している。以前から、霜降り明星は自身の「しもふりチューブ」にて『ONE PIECE』の話題を扱っている。

霜降り明星も、昨今のワンピースの展開に反応するも、『ONE PIECE』などの考察のチグハグさが垣間見られる。これをもとにしながら、考察ブームについて考えたい。


関連記事:さまぁ~ず三村、『ワンピース』完結に要望 尾田栄一郎氏に直談判したのは…

■「どこがドンドットット♪」?

「しもふりチューブ」では、『ONE PIECE』を好きなせいやと、あまりついていけていない粗品とで、たびたび『ONE PIECE』を話題に。

今回の動画では、せいやが最近の話題の1要素である「ドンドットット♪」というリズムについて、出回っている考察に触れているのだ(動画タイトルは「ワンピースがヤバすぎるので粗品に報告!!大バズりしてる伏線について大揉め!?」)。

それは、アニメONE PIECE』(フジテレビ系)の盛り上げる既存のメインBGMが、じつは「ドンドットット♪」のリズムだったのではないかというもの。それに対し、粗品は「どこがドンドットット♪ なん?」と現実的な疑問を呈す。

■暴走する考察チャンネル

これは、「多くの人も疑問を持ちながらも盛り上がっている先走った話題」に過ぎないともいえる。とはいえ、『ONE PIECE』に限らず、昨今流行りの「考察」には「なんでもアリ」な「考察のための考察」が多いようにも思う。

そもそも昨今の「考察ブーム」は、ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)によってもたらされた、YouTubeの1つのジャンルである要素が強い。つまり、YouTube登録者数を稼ぐための「考察」だ。

それでいて、あらゆる自由すぎる考察が飛び交った上で、実際のドラマの展開に勝手に裏切りを感じる視聴者も増えているように思われる。


■注目の考察チャンネル「ドロピザ」

最近の、『週刊少年ジャンプ』の『ONE PIECE』が盛り上がっている展開において、新しい形での考察チャンネルが登場し、話題となった。それは、「ドロピザ」チャンネルという、もともとはメンズファッションチャンネルが突如始めた考察動画だ。

「ドロピザ」チャンネルでは、『ONE PIECE』の背景的知識としてインド神話との一致をとり上げ、昨今の展開の一部を当てることができていた。

ONE PIECE』が、 とある一部の知識を下敷きにして物語の装飾をしていることが確かだと思われる。このようなちょっとした仕掛けに気づき、『ONE PIECE』を読む上での深みを明らかにしてくれる考察動画は有益であり、また作者に迫ろうというスリルもあるだろう。


■考察YouTuberの可能性

加えて、最近の「ドロピザ」チャンネルでは以前から全面に出ているゆいまると、考察的知識に協力しているゆいまるの兄も登場し、ある種の分業体制の成り立ちも紹介されている。エンタメ性あふれる動画編集能力と、豊富な知識に基づく考察能力によって、優れた考察動画が成り立つ。

また、メンズファッションコンテンツと『ONE PIECE』考察コンテンツというバランスもいい。考察界の可能性が広がることに期待したい。

・合わせて読みたい→霜降り明星・粗品、5年半交際からの結婚をYouTubeで発表 相方・せいやは証人に

(文/メディア評論家宮室 信洋

霜降り・粗品のワンピース考察へのツッコミ 「考察界」の問題と今後の可能性