東京の海辺で目とノドをえぐられた若い女性の惨殺死体…浮上した“前科4犯の男”と“疑惑の自供” から続く

 東京の湾岸・鈴ヶ森で目とノドをえぐられた若い女性の惨殺死体が発見された“鈴ヶ森のお春殺し”。容疑者が犯行を自供したものの、彼は公判で「自供は拷問されたからだ」と暴露。そんな中で、もうひとりの容疑者が浮上し、事件は動きを見せる。「1つの殺人に共犯でもない2人の犯人」という前代未聞の事件は、1915年当時の日本社会を背景にしていた――。

◆◆◆

「大凶賊」が「自首」した理由は?

 1915年12月15日付東朝は「果して大兇賊=恐るべき自白」という記事を載せた。

〈 本所区南二葉町34、洗い張り業・関口助六(49)及び同居人・石井藤吉(43)の両人はさる11月23日、府下北品川町、車宿・岩田平造方をはじめ各所に押し入り、短刀をもって脅迫し、金品を強奪していたことが判明。数日前、警視庁の手に取り押さえられた。厳重尋問の結果、14日正午に至り、その1人である藤吉は恐るべき罪状を自白した。

 同人は名古屋市正木町465に本籍があり、昨年暮れ、千葉監獄を出獄した強窃盗前科6犯の悪漢。さる6月17日夜、横浜市久保町1505、大槻禎郎(31)方へ押し入って同人を縛り、内縁の妻小学校教員・小林はな(22)も短刀で脅迫したうえ、ついに両名を絞殺。銀時計1個を強奪して逃走した。〉

 記事はほかにも、愛知県内で石井が張り込んでいた警官を短刀で殺害。不審尋問した警官にもけがを負わせたうえ、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫で強盗事件を起こしたらしいとした。

 そして年が明けた1916年1月8日付報知朝刊は社会面トップの特ダネで「お春殺しの眞犯人現は(わ)る 小森惣輔は冤罪 当局の大狼狽」と伝えた。

 記事は「数日前、詐欺犯の嫌疑で警視庁に勾留され、のちに嫌疑が晴れて放免された某の口から漏れた」として次のように書いた。

「昨年度の刑事上の4大事件の1つである鈴ヶ森砂風呂女殺し事件の犯人が、目下犯人として捕らわれつつある小森惣輔(36)ではなく、新たにこのごろ現れ出た一凶賊そのものだという大奇怪事である」

 以下、公判では小守が犯人とされているが、提供者からの情報で記者が調べた結果、次のようなことが分かったと書いた。

〈 いまわが社の探聞するところによれば、かの怪事件の真犯人というのは、実に惣輔ではなく、旧臘(昨年12月警視庁に捕らわれ、横浜の歌人・大槻禎郎(31)夫妻その他の殺人、強盗、女性暴行(計)40余件を犯した凶悪の犯人、愛知県名古屋市中区正木町465、前科6犯の石井藤吉。彼こそまさしくこの鈴ヶ森のお春をも殺した犯人である。

 藤吉の自白によって事理明白、寸毫(すんごう=少しも)疑うべき余地がなく、警視庁及び裁判所においても目下大問題となっている。〉

「その鈴ヶ森のお春殺しは自分であるのに、どうして小守という人が無実の罪にて裁判所まで送られたかと思い…」

 石井藤吉が獄中で書いた文章を編集者がまとめた「聖徒となれる悪徒 石井藤吉の懺悔と感想」(1919年)という本がある。それによれば、お春殺しについては、自分から犯行を認めたという。関口とともに1915年12月8日に逮捕された後のことをこう述べている(原文のまま、現代仮名遣い)。

〈 警察署の勾留監へ入りますと、その内に7、8人の犯罪人がおりました。その人々がいろいろの話を致しておりまするうちに、東京市中の殺人犯の話が出まして、どこそこの人殺しは捕縛になり、また、あそこの人殺しも捕縛になったと、いろいろの殺人犯の話の中に、鈴ヶ森のお春殺しの小守はいま公判になったという話を致しておるのを私はそのそばで聞いておりました。そこで私は、その鈴ヶ森のお春殺しは自分であるのに、どうして小守という人が無実の罪にて裁判所まで送られたかと思いまして、一時は疑いました。そこでなお、その話を聞きますると、皆の人が口を合わしたように、君はあの鈴ヶ森のお春殺しの小守を知りませんかと言われまして、初めて小守という人が私の犯した罪にて無実の罪に落ちておるのかと思いました。〉

 ここからもお春殺しが広く世間の話題になっていたことが分かる。石井の回想は続く。

〈 そこで私が心の中に思いますには、自分は今日まで自ら犯罪を致しおいても、捕縛せられたる巡査や刑事を恨みに思い、また裁判所の検事、判事を処分が高いとか言うて恨みを持っていた。また私一人にあらず、一般の犯罪者は皆同じであるのに、まして何も知らないことにて数か月間、無実の罪にて監獄へ入れられて裁判を受けた小守の心の中の煩悶、苦痛はどうであろう。また、その人の家にある妻子、親兄弟、親戚の人々の心はいかばかりであろうかと、その苦痛、心配の人々の心の中をいかにして私が口や姿にて表すことはできまいと思いました。そこでなお思いましたのには、人間はどうせ一度は死なねばならぬから、自分はこのところにて速やかに自首して、無実の小守という人を助けてあげなければ相済まぬと思いまして、自首を致すことになりました。〉

 数々の犯罪を重ねた「大凶賊」にしては殊勝すぎる気がしないでもない。彼はのちに「島倉事件」にも登場したカナダ人宣教師マクドナルドに導かれて“改心し”キリスト教に深く帰依するが、ここに書かれた心境はそれより前のことだ。

これで小守は「シロ」と決まったと思われたが…

 小守壮輔は1月25日、「責付となって出獄した。同人に対する殺人事件は無罪となったが、他に余罪があることからいまだ青天白日の身とは言い難いという」と1月26日付読売にはある。「責付」とは、当時の刑事訴訟法で裁判所が勾留の執行を停止し、被告の身柄を親族に預ける制度。

 同じ日付の東朝と報知、時事新報は、小守が出獄後の布施弁護士宅で「警視庁の1カ月というものは、実に人間として経験することができない、また言語に絶した生き地獄の惨苦をなめさせられました」(東朝)などと訴えたと報じた。布施弁護士も「人権蹂躙の甚だしいもので、実に危険千万」と非難した(東朝)。

 時事新報には小守逮捕当時の捜索係長で早稲田署長になっていた星加警視の談話が載っている。

「いま新犯人が出てみると、全く自分らの誤りだったと思わねばならぬ。ただし当時は寸毫(すんごう=ごくわずか)も疑う余地がないものとしていたのだが。自分も当時の関係者として幾分の責任はあるようなわけである」

 3紙は同じ紙面で、石井藤吉がお春殺しで起訴されたことも伝えている。これで小守は「シロ」と決まったと思われたが 1月27日付時事新報は、警視庁の橋爪捜索係長が、小守を犯人と見た理由を列挙して「果たしていずれが真の犯人なのかは、公判の結果を待たなければ断言できない」と主張。拷問の事実を認めなかったと書いた。

「1つの事件に2人の犯人」前代未聞の状況に…

 1月29日、小守の弁護団の糸山貞規弁護士が担当の中村正臣検事に面会したことが東朝、読売に載った。

 糸山弁護士が検事の公判放棄と無罪宣告を求めたのに対し、検事は「お春殺し事件については、別に石井藤吉を犯人として起訴した今日、なるべく速やかに公判を開き、小守の結末をつけるべきだと考えるが、事件を慎重に取り扱おうとするためには、新被告石井の予審決定を待って小守の公判を開廷するのが適当だと信じている」(東朝)と述べたという。

「ここに1つの殺人に対して、共犯でもないのに、2つの被告事件が併行するという、前代未聞の奇怪事が起こった」。森長英三郎「史談裁判」はこう指摘。

 東京地裁の指導係検事だった小泉輝三朗も、裁判記録を基にまとめた「大正犯罪史正談」(1955年)で「明治、大正、昭和を通じ、他に類のない前代未聞の疑獄難獄の話である」としている。

「1つの事件に2人の犯人というのはないから、普通なら、後の犯人が起訴された時に、前の犯人は釈放されなければならないはずであるが、この事件では、前の犯人も釈放されず、どちらも真犯人として、一方には予審が、他方には公判が別々に進行した。ここが前代未聞というゆえんである」(同書)

「前の犯人も釈放されず」は誤りだし、実際は、石井の予審と公判中、小守の公判は停止されたが、異例だったことは間違いない。布施辰治弁護士は「鈴ヶ森お春殺しの疑獄」で「殺人犯人が2人までできたとは随分けしからぬことではないか」と怒りを表している。

「石井の無罪をそのままに見送ることができず、さりとて小守をサッパリと見切ることできない」?

 時事新報は1月31日の社説「無辜(むこ=罪のないこと)の罪人」で、小守について「早く裁判を進めて青天白日の身にしてやるべきだ」と述べた。

 これに対し、著者が元検事だけに「大正犯罪史正談」は、人によって資料の判断は違うとし、「同一資料で異なった2人の犯人を結論してはおかしいが、全然別な資料に基づいて2人の犯人を指摘し、そのどちらの資料が当該事件と本質的な関係を持つのか、従って、どちらを真犯人とすべきかの判定に困難する時、事柄の重大性と困難性とに鑑みて、通常の行き方ではないが、裁判所の判断によって決する。これすなわち不見識とは言えない」とした。

「石井の無罪をそのままに見送ることができず、さりとて小守をサッパリと見切ることできないところに、人間を検事にしておく悩みがある」と同書は言うが、かなり苦しい解釈だと言わざるを得ない。検察内部に、拷問の事実を世間に訴えた小守への見せしめ的な意識があったことは間違いないだろう。

波紋を広げた“拷問の暴露”

 小守に対する拷問は波紋を広げ、政治問題化する。東朝は1月27日付の社説で「犯罪の裁斷(断)」を見出しに、警視総監が犯罪捜査への影響を理由に従来の捜索・取り調べ方法の維持を表明したことを批判。「責任ある関係官庁は真相と経過を調べて速やかに公表すべきだ」と主張した。

 翌28日付では「警視廰(庁)の拷問事件 議會(会)の問題とならん」と報道。同じ日付の時事新報も社説「拷問沙汰」で「政府や議会はイギリスの例にならい、審査機関を設けて調査すべきだ」とした。1月31日弁護士協会は総会で布施弁護士から報告を受け、委員会を設置して問題を調査する方針を決めた。

 そして、2月1日弁護士でもあった高木益太郎・衆院議員は、現在の委員会に当たる第一読会で「警察の取り調べに当たって恐喝や詐言(だます言葉)を用いることを禁じる」条項を盛り込んだ人権保護法律案を提出。「小守に対する拷問の責任は?」と質問した。

 これに対し、一木喜徳郎・内務大臣(のち宮内大臣、枢密院議長)は「事実関係を調べたうえ、相当の処分をする」と答弁。その後、東京地裁の小原直・上席検事(のち法相)は拷問をしたとされる刑事を召喚。取り調べた。その結果、警視庁刑事部の2人と品川署の2人の巡査計4人が起訴され、辞表を提出した。

「死体の処置に困り、はじめは鬼子母神堂裏の池や井戸に沈めようと深さを測ったが…」

 1916年4月26日、石井藤吉は他の強盗、女性暴行などと合わせてお春殺しの予審で有罪となり、公判に付されることに。27日付東朝によれば、犯行の内容は次の通りだった。殺人がいとも簡単に行われていることに驚く。

〈 1915年4月29日午後10時ごろ、府下荏原郡大井町1935、鬼子母神境内にある掛け茶屋の腰掛けで休息していた際、同町、田中はる(当時26)が傍らの海岸道路を通行するのを見て、にわかに恥ずかしめようとの念を起こし、約3間(約5.4メートル)尾行。はるの袖をつかんだところ、「人殺し」と叫ばれたため殺意を生じ、はるをうつぶせにすると同時に、背中に右足をかけて、その前にのどにかけた手ぬぐいを極力後方に引いたため、ついに窒息死させた。〉

 初公判は同年5月19日。「死を待つ藤吉」が見出しの20日付東朝には「石井は茶色セル(ウール)の長羽織を着て、獰悪な面貌にも覚悟の笑みを浮かべ、悠々とした態度で現れた」とある。殺害後について石井は次のように陳述した。

「死体の処置に困り、はじめは鬼子母神堂裏の池や井戸に沈めようと深さを測ったが、意外に浅かった。そこでわざとナイフで女の頸部その他を突き、あたかも恋の遺恨による凶行のように仮装したうえで逃走した」

 お春だということは後で知ったと言い、新事実として、お春を殺害後、現金と小型の春画を奪ったと供述。「自分は既に過去における極悪の大罪を悔悟し、いまは報いになるだろう死を待つ身だから、あえて複雑な審理や弁護を煩わすのは恥ずかしい」(東朝)と述べた。

 同じ日付の読売は「死刑を望む」の見出しを立て、弁護人が自供内容などについて精査したいと裁判の続行を望むと、「石井は怫然(むっとする)色をなし、『自分は殺人、強盗、強姦、あらゆる罪悪の限りを尽くした大悪人。死刑以外の刑を受けるのは気持ちがよくない』と気炎を吐いた」 と記している。

「自白は道楽にあらず」

 次の6月9日の公判でも、春画について石井の供述に否定的な事実が示され、弁護人が新たな証人尋問を求めると、「憤然として『自分が殺人の自白をするのは道楽のためではない。自分が真の犯人であるにもかかわらず、小守という人が嫌疑を受けているのを気の毒だと思って自白したのだ。それを弁護士殿に疑われるのは心外だ』と叫んだ」。こう書いた10日付読売の見出しは「自白は道楽にあらず」。

 石井は2人の弁護人のうちの武富済弁護士を「一度も接見に来なかった」などとして信用せず、次の8月4日の公判で弁護を「迷惑千万」と非難すると、武富弁護士は「官選だから仕方がない」と口走る始末。公判廷で被告と弁護人が口論するという「珍妙な現象を呈した」(同年8月4日発行5日付報知夕刊)。

 しかし、立石謙輔裁判長は石井の供述を信用しなかったようだ。石井を同行させた実地検証などを経て同年12月4日に下された判決は――。

〈 お春を殺したと主張する 石井藤吉は無罪になつ(っ)た 他の犯罪で無期懲役=事件愈々(いよいよ)迷宮に入る

 鈴ヶ森砂風呂「濱の屋」の長女お春を惨殺した真犯人は自分だと名乗って出た例の石井藤吉(42)及び、藤吉と共謀して各所で強姦殺人をはたらいた相方、関口助六(49)の両悪漢に係る事件は、先ごろから東京地方裁判所刑事第二部立石裁判長、小原検事の係りでしばしば公判が開かれた。その都度、被告藤吉及び検事は有罪を主張して極力その証拠を挙げようと努め、弁護人と裁判長は反対に疑獄とみて、公判ごとに矛盾をきたして容易に決せず、事件は一層世間の疑惑を招くに至った。いよいよ審理を終わって4日午前10時半から、立石裁判長が「被告藤吉の自白は事件の真相に符合しないところが多い。本件に関しては無罪とし、他の犯罪で無期徒刑とする。助六は懲役18年に処す」と判決を下した。言い渡された藤吉は不満げに裁判長をにらみつけ、何事か言おうとしたが、警官に追い立てられて法廷を出た。〉

 12月4日発行5日付報知夕刊はこのように伝え、続けた。

「先に本件の真犯人として挙げられた小守壮輔は無罪放免となり、いままた石井藤吉はこの通りだ。久しく世間を騒がせたこの事件はいよいよ迷宮に入った次第で、わが司法警察権の威信に関する重大問題と言わねばならない」

 小守の「無罪放免」は誤りだが、記者の認識はその程度だったのだろう。他紙も「自稱(称)犯人無罪となる」(東朝、東日)、「藤吉は眞犯人に非ず」(読売)、「お春殺し=再び疑獄となる」(時事新報)と書き立てた。

石井の“見栄”と“自己顕示欲

 時事新報は脇見出しに「検事も被告も意外に驚く=近頃稀有の事件」。「迷宮入り」と表現した新聞が多かった。

 小原検事の談話も各紙にある。「検事局の方では、いかに考えても石井の犯跡は明瞭で覆い隠すことができないだけでなく、石井がもし真の犯人でないとすれば、到底現場の地勢をそのように明確に語ることはできないと思う。どちらにしても、石井が真犯人であることを私は確信する」(東朝)。

 石井本人は「聖徒となれる悪徒」に「非常に一時は落胆致しました」と書いている。

 裁判官ら司法関係者が石井の犯行を疑ったのは、自供内容が遺体や現場の状況と一部符合しない点に加えて、石井の“見栄”や“自己顕示欲”を感じたからだったと思われる。

 石井はお春殺しの前後には愛知県で強盗のほか、追跡した警察官1人を殺害、1人に重傷を負わせている。

「横浜の事件と巡査斬りと強盗強姦と、ほかに十余件の強窃盗の覚えある者としては、鈴ヶ森は入っても入らなくても、死刑は最初から覚悟していたかもしれない」と「大正犯罪史正談」は書く。

 石井と“犬猿の仲”だった武富弁護士は、読売の紙面で「無罪判決は当然」として冷たく語っている。

「石井が自ら進んでお春殺しを自白したのは」「警視庁での厳しい尋問の矛先を避けようと、ことさらお春殺しを名乗り、公判で否認する考えだった」「しかしその後、大槻夫妻の犯罪が発覚した結果、どうせ死刑は免れないと覚悟を定め、犯罪虚栄心に駆られて自白を維持したのだろう」

「死刑と聞いて嬉し涙」

 それから2カ月足らずの翌1917年1月31日、石井藤吉は横浜地裁で、大槻夫妻殺害事件で死刑判決を受けた。「被告藤吉は満足げに微笑をたたえて裁判長に再三敬礼し、あくまで悠揚として被告席を立ち退いたのは面憎いほどだった」(2月1日付時事新報)。

 その後、東京控訴院での控訴審は、弁護人の鈴木富士彌弁護士との折り合いもよく順調に進み、1918年3月16日の公判は16日発行17日付報知夕刊では「辨(弁)護人被告の有罪を主張す お春殺しの珍裁判」の見出し。

 17日付読売は「鈴木弁護士は『被告は真実悔悟してこの自白をしており、全ての点から見ても被告を犯人と認める点が多い』と犯罪の事実を挙げて有罪論を展開。『しかしながら、かくまで潔く悔悟しているのを死刑に処すのは遺憾』と付言すると、藤吉は非常に満足の体で、なお自分が真犯人だという点に関して陳述を補足した」と伝えた。

 同年3月30日の控訴審判決の記事は各紙小さかった。「石井藤吉に死刑宣告 泰然たる被告の態度」(30日発行31日付報知夕刊)、「死刑を感謝」(31日付東朝)、「本人の希望が叶ひ(い)」(同東日)、「死刑と聞いて嬉し涙」(同時事新報)……。なかみを見ると――。

「この言い渡しを受けるや、藤吉は自若として(落ち着いて)『ああ、これで私の罪滅ぼしができ、安心して天国に行かれます』と裁判長及び弁護士・鈴木富士彌氏にあつく礼を述べた」(東朝)。

「弁護人・鈴木富士彌氏から『判決に対しなお上訴する考えでもあるか』と聞かれ、藤吉は『滅相もない。上告などは致しません。満足でございます。冤罪者がこのことを聞きましたら、さぞ喜ぶことでしょう』と涙を流して判・検事、弁護人に向かい『長々お世話になりました』と丁寧な謝意を表して退廷したが、いずれもけなげな彼の態度に哀れを催して目送した」(時事新報)

兄姉は他界、酒癖の悪い父、病気の母、「飲む打つ買う」を覚えて行商からも離れ…

「聖徒となれる悪徒」には生い立ちから悪の道に至った彼の足どりが記されている。

 名古屋で生まれた。兄姉は早世し、一人っ子。父は商人だったが、毎日酒を1升5合(2.7リットル)も飲む大酒飲み。酒癖が悪く、一時は家からいなくなった。母は病気になり、石井は行商をして家計を助けた。

 しかし、家の近所には賭け事の風習があり、まだ子どもの石井も手を出し、家の金や物を持ち出すようになった。親に知られて奉公に出ることに。両親にわがままに育てられたためどこも辛抱できず、結局瀬戸物の行商をやったが「飲む打つ買う」を覚えてやめてしまった。

 名古屋の大きな材木店に臨時雇いで働いたとき、店の品物を持ち出して売り払い、店を追い出された後も同じような悪事を繰り返しているうち、19歳の時に警察に捕まった。監獄に入れられたが、聞いていたより寛大で苦もない所だと思った。

 それからは悪事と監獄の繰り返し。脱獄もした。父は亡くなり、結婚して母と3人暮らしもしたが、落ち着かず、出獄しても獄内で知り合った悪友と接触してまた悪事に走った。強盗で懲役11年の刑を受け、千葉の監獄に入っている間に母は死亡。妻は行方不明に。監獄で知り合ったのが関口だった。

 出獄後、先に出ていた関口を頼って同居。2人で悪事をするようになった。正業に就こうと思ったこともあったが、元手の金を盗まれ、妻は他人の妾になっていることが分かり、「何一つ心にかかるものはない」と思った。四国の金毘羅参りに行ったが、その帰りに大阪で強盗・性的暴行をし、強盗に入る家を探しながら鈴ヶ森へ――。

 こうしてみると、生来の性質に加えて、何も支えになるものがなくなったところから、重大犯罪に転落していったことが分かる。自業自得と言ってしまえばそれまでだが……。

「懺悔録」を残して刑についた石井

 控訴審判決から約5カ月後の1918年8月18日、各紙にベタ(1段見出し)記事が載った。東朝の中心部分を見よう。

〈 石井藤吉死刑

 幾多の重罪犯人として耳目を聳動(しょうどう=恐れおののく)させた岐阜県人、石井藤吉(47)はさきに東京控訴院で死刑判決を受けたが、17日午前10時、東京地方裁判所・大平検事その他が立ち合い、東京監獄で死刑を執行された。第一審確定当時、宣教師であるマクドナルド女史から聖書1巻を差し入れられたのをいたく喜び、読みふけっていたが、獄中同人が執筆した懺悔録200余ページは、同人の希望で同女史に贈られた。同人は深く悔悟したもののようで、遺言もなく、満足げに刑に就いたという。〉

 約1カ月後の9月27日、小守壮輔に無罪判決が下った。事件から3年半。長い道のりだった。これまでに彼を拷問したとされた警官4人のうち公判にかけられた3人は一審で無罪となったが、控訴審で執行猶予付きの有罪判決を受けていた。その後の小守の消息は伝わっていない。

古さと新しさの入り交じった大正の社会

 この事件を振り返ると、残虐で猥雑でエログロのにおいが濃い中に、どこか牧歌的な空気が流れているのを感じる。その一方で、大衆化がさまざまな形で広がり始めているのが分かる。

 事件報道は相変わらず無節操だが、拷問が問題になったように、人権意識も社会に芽生えている。それが大正という時代なのだろう。石井に遺言はなかったと東朝の記事にはあるが、「聖徒となれる悪徒」には、代わりに遺した辞世の歌が載っている。

〈 名は汚し此の身は獄に果てるとも心は清め今日は都へ〉

参考文献
▽「警視庁史 大正編」 1960年
▽「大森区史」 1939年
▽加太こうじ「[明治][大正]犯罪史」 現代史出版会 1980年
▽白露生編「裁判物語 死刑より無罪へ」 大鐙閣 1917年 
▽石井藤吉述、原戌吉編「聖徒となれる悪徒 石井藤吉の懺悔と感想」 石尾奎文閣 1919
▽森長英三郎「史談裁判」 日本評論社 1966年
▽小泉輝三朗「大正犯罪史正談」 大学書房 1955年

(小池 新)

真犯人は石井藤吉と報じた報知の特ダネ