カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 古代ローマは、多くの伝統を現代社会に伝えたが、排泄に関する感覚は現代とはだいぶ違うようだ。彼らは尿をかなり有効に利用していた。

 歯を磨いたり、衣服を洗濯したり、皮をなめしたりするのに尿を使ったのだ。古代の洗濯屋は、人々が用をたすために公共の場に設置された大きな陶器の壺から尿を回収していた。

 大量の尿が集められて使われるようになったため、そのうちローマ皇帝はこれに課税するようになった。

 「pecunia non olet(金は臭わない)」は、金銭に貴賎がないことを示す言葉だが、西暦一世紀にウェスパシアヌス帝が課税したこの尿税によって生まれた有名なフレーズだ。

【画像】 古代ローマの尿の利用法

 今日の私たちは、とくにかえりみることなく尿を下水として流してしまっているが、古代世界では尿は非常に価値ある有用品だった。

 尿にはリンやカリウムなどの重要なミネラルや化学物質がたくさん含まれている。古代ローマ人は、尿は歯を白くし、虫歯を防ぐと信じていて、マウスウォッシュや練り歯磨きとして使っていた。

 その効果は確かだったようで、実際に1700年代までマウスウォッシュや歯磨き粉として利用されていた。

 当時のローマ人にとって、ポルトガル産の尿は最高級品でそれゆえ値も張った。世界最強の尿とされ、歯のホワイトニングとしても使われた。

[もっと知りたい!→]具合の悪い時には水銀を食べる?おしっこは殺菌剤?中世の人々が信じていたとんでもない16の常識

 現代人にとっては、尿の歯磨きなどもってのほかだろうが、実際に効果はあったらしい。

 尿にはアンモニアが含まれていて、これは今日の家庭の洗剤の多くにも含まれているからだ。

 尿を桶などに入れたまま放置しておくと、空気と反応してアンモニアが発生する。ローマ時代には、この尿を洗濯に使っていた。

 アンモニアが含まれているため、この時代に盛んだった織物産業にとっても、尿は重要なものだった。ウールやリネンを漂白したり、皮をなめしたりするのによく使われたのだ。

2

ポンペイのフレスコ画に描かれた染物屋 / image credit:public domain/wikimedia

尿の回収業者にかけられた尿税

 西暦1世紀、ローマ皇帝ネロは”Vectigal Urinae”という課税を始めた。これはラテン語で"尿税"と訳されるものだ。

 下層階級の人々は小さな壺の中に用をたしたものを汚水溜めに捨てていたので、公共の小用便器から集められた尿に対してかけられた税だった。

・合わせて読みたい→皇帝の賄賂と嘘を暴露していた。古代ローマ帝国時代の碑文が解読される

 また、上流階級が使う公衆トイレから集められることもあった。こうして尿を購入した者は税金を払い、汚水溜めから集めた尿を何段階もの化学処理を経て、価値ある原料へとリサイクルしていた。

4

ハドリアヌスの長城のハウシズテッドローマン・フォートにある公衆トイレの復元想像図。この場所は現在、イングリッシュ・ヘリテージで保護されている

 この尿税は最終的にはなくなったが、その次の皇帝ウェスパシアヌス(在位69~79年)によって西暦70年頃に再び制定された。

 ウェスパシアヌスが皇帝になったとき、ローマ帝国は内戦が勃発していて、すっかり疲弊し、帝国の財源はすっからかんだった。

 金の亡者で、容赦ない課税(結果的にローマ帝国の借金はなくなり、次の皇帝の国庫を黒字にした)をしたことで有名なウェスパシアヌス帝は、帝国を回復・復興させる手段に出て、財源を集めるためにさまざまなものに課税した。

 そのひとつがローマクロアカ・マクシマという大下水溝システムの一環である公衆トイレからの尿回収への課税だった。史上初の公衆トイレは、西暦74年にウェスパシアヌス帝が導入した。

Cloaca-Maxima-etching

クロアカ・マクシマ(1757年)を描いたエッチング。ジョヴァンニ・バティスタ・ピラネージ作/ image credit:public domain/wikimedia

pecunia non olet:"金は臭わない"

 この尿税が課税されるようになってまもなく、ローマの知識人たちは公衆トイレのことをウェスパシアヌスと呼ぶようになった。

 ローマの歴史家、ディオ・カッシウスとスエトニウスは、自分たちの歴史書の中でこのウェスパシアヌスの税について書いている。

 ウェスパシアヌスの息子ティトゥスは、この尿税政策を毛嫌いしていて、父親に文句を言った。それに対して、皇帝は金貨を息子の鼻先に近づけて、"pecunia non olet"(金は臭わない)と言ったという。

 この行為の裏の意味はもちろん、その出所はどうであれ、金銭に貴賎はないことを示している。これはおそらく、ウェスパシアヌス帝が言ったもっとも有名な言葉で、今日でも、疑わしい、もしくは明らかに違法な、金銭的利益の出所を軽視するときに、もっとも頻繁に使われるフレーズだ。

 ドイツではこのフレーズの由来を気に入って、同じ名前の家族向けボードゲームを作った人もいたくらいだ。

3

古代ローマの公衆トイレ / image credit:public domain/wikimedia

現代の公衆トイレ

 ティトゥスは、父が定めた尿税はみっともないことだと思っていたが、長い目で見ると、ウェスパシアヌスの尿税はローマ帝国のためになった。

 おそらくこれが、彼のもっとも有名な功績だろう。尿税の一部は、ウェスパシアヌスの十年の治世の間に建てられたコロッセオの建設費用にも充てられた。

00

photo by Pixabay

 コロッセオはともかく、現代建築におけるウェスパシアヌスの貢献は、ほかにも目立つ形で歴史に残っている。

 フランス語圏の一部では、有料公衆トイレのことをウェスパシアンと言われるようになった。

 アメリカでは、とくの若い人たちの間では、有料トイレという概念は新しいものだが、おしっこをするのに料金を払うという考えは、ヨーロッパの主要都市、とくにパリでは一般的なことだ。

 現在では珍しくなったものの、それでも、フランスイタリアルーマニアでは、公衆トイレウェスパシアヌスにちなんだ名がついているところがある。

 おもしろいことに、1930年のモントリオールでも、ウェスパシアンが建てられている。

 古代ローマの公衆トイレの多くでは、人々が尿で生業をたてることができた。

 ウェスパシアヌスの尿税は、し尿回収業者、織物職人、皮なめし職人の間でとくに不評だったが、この税で集まった収入は帝国の安定と公共サービスの提供に役立ったのだ。

References:Money Does Not Stink: The Urine Tax of Ancient Rome / written by konohazuku / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

古代ローマにとって尿は価値のある品で課税対象だった。歯磨き粉や洗濯にも利用されていた