1990年代以降、ネットの普及や他の娯楽の充実等が原因で活字離れが起き、出版不況が続いています。出版業界の市場規模は1996年の2兆6500億円とピークを迎えたのちに減少し続け、2021年は1兆2000億円とピーク時の半分以下にまで落ち込みました

 そして書店業界も出版業界に連動する形で規模縮小が続いています。2001年まで2万店以上あった書店数は2020年には約1万1000店にまで減少しました。このような状況下で書店業界はどう動いているのでしょうか。各社の動向や対抗策としての新たな取り組みに注目してみます。

特に雑誌が売れなくなっている

 出版業界を支えてきたのは書籍よりも雑誌です。同業界がピークを迎えた1996年は書籍の売上高が1兆900億円に対し、雑誌は1兆5600億円と約1.5倍で、2015年まで雑誌が書籍を上回っていました(雑誌7800億円/書籍7400億円)。そして2021年の売上高は雑誌5300億円に対し、書籍6800億円でした。

 書籍も規模を縮小していますが、現在は特に雑誌の売上高がピーク時の3分の1にまで落ち込むなど著しく減少していることがわかります。商店街や街中の小さな書店は書籍よりも雑誌の売り上げで成り立っていたため、こうした店舗を見かけなくなったのは雑誌販売の不調が原因でしょう。

 とはいえ出版物全体が売れなくなっているため、大手書店業界も安泰ではありません。店舗数縮小を余儀なくされるなか、新たな取り組みで集客を見込んでいるようです。近年の業績推移から各社の動向を見ていきます。

丸善CHIホールディングス:大都市中心部の大型書店が特徴

丸善 お茶の水店
丸善 お茶の水店 ©Nagahisa_Design
 丸善CHIホールディングスは、書店の丸善と図書館向けの販売・図書館管理を担う図書館流通センター2010年に経営統合して誕生した企業です。書籍販売サイト「honto」を運営するほか、2012年にはジュンク堂書店子会社化しています。店舗事業は大都市中心部の大型書店が特徴で、店舗数は103店しかありません。

 なお同社は書店事業以外も手がけており、2022/1期の主力セグメント売上高は(1)文教市場販売事業565億円、(2)書店・ネット販売事業698億円、(3)図書館サポート事業317億円となっています。(1)は図書館・学術機関向けの書籍販売や、研究者向けの専門書翻訳サービスを担う事業です。2019/1期~2022/1期の業績は以下の通りです。

【丸善CHIホールディングス2019/1期~2022/1期)】
売上高:1772億円⇒1763億円⇒1716億円⇒1744億円
売上高(書店・ネット販売事業):740億円⇒738億円⇒670億円⇒698億円
営業利益:32.4億円⇒34.5億円⇒38.8億円⇒40.8億円
最終利益:24.2億円⇒20.8億円⇒20.9億円⇒21.7億円

出版不況のなかでも売上規模を維持

 書店・ネット販売事業について注目していきましょう。2020年1期は大きな出退店もなく、売上高は微減にとどまりました。しかし2021/1期は戸田書店8店舗を取得するなど店舗数を88店から101店へと伸ばしたものの、新型コロナ感染拡大に伴う臨時休業が影響し、売上高が大幅に減少してしまいました。

 翌2022/1期もコロナ禍は続き時短営業・休業を実施しましたが感染拡大当初よりは回復しています。近年の動向をみると不採算店からの撤退や新店舗の開店によって不況ながらも規模を維持しているようです。街中の小型書店を展開しているわけではないため、大型店を通じて今後も一定の需要を維持できるでしょう。

 なお、同社は絵本に特化した店舗や高級文房具店を併設した店舗、喫茶店を内設した店舗など新たなスタイルの店舗を展開し、集客を図ろうとしています

紀伊國屋書店:海外進出を続けていく

紀伊国屋書店 新宿本店
紀伊国屋書店 新宿本店 ©picture cells
 丸善と同じく、紀伊國屋書店も都市部に店舗を置く大型書店です。公式HPによると全国に68店舗を展開するほか、学生向け店舗として大学構内に構える「ブックセンター」を83か所に置いています。紀伊國屋書店の特徴は何より海外店舗を多く抱えていることです。ニューヨークロサンゼルスなど米国に20店舗置くほか、シンガポールには7店舗、タイには3店舗展開しています。

 その他台湾やインドネシアなどにも店舗を構えており、日本人駐在員の多い地区に進出していることが分かります。ただし、シンガポール本店では書籍の85%が英語の書籍が占めているように、完全に日本人だけを対象としているわけではありません。なおオンライン販売も実施しています。さて同社の業績ですが、非上場のため決算公告を参考にします。2018/8期から2022/8期までの業績は以下の通りです。

紀伊国屋書店2018/8期~2022/8期)】
売上高:1031億円⇒1,023億円⇒981億円⇒979億円
純利益:8.1億円⇒8.5億円⇒8.2億円⇒6.9億円

 業績要因に関する資料は同社から公表されていませんが、同様の店舗を構える前出、丸善CHIホールディングスを参考にすると、2020/8期、2021/8期における規模縮小は恐らくコロナ禍によるものと考えられます。紀伊國屋書店も一部店舗で休業や時短営業を実施していました。

 なお同社は今後も海外進出を続けるとしており、縮小が続く国内事業を補うに至らないまでも、海外事業の重要度は高まっていくことでしょう。国内事業も丸善と同じく都市部の大型書店を中心とするため、一定の需要は維持できると思われます

未来屋書店:ラウンジ・カフェ併設店舗が増加中

 ショッピングモールでよく見かける未来屋書店。これは同社が100%イオン傘下であるためです。イオンの書店事業と言って良いでしょう。ただしイオンモール内の書店が必ずしも未来屋書店であるとは限らず、他の店舗が入ることもあります。

 未来屋書店には文房具や雑貨類も置いていますが、特徴は少なく至ってシンプルな書店です。同社も非上場のため決算公告から業績を見ていきます。2018/2期から2021/2期までの業績は次の通りです。

【未来屋書店(2018/2期~2021/2期)】
売上高:561億円⇒525億円⇒508億円⇒502億円
純利益:-15.3億円⇒-5.3億円⇒-1.3億円⇒1.6億円

 近年では売上高が縮小する一方、赤字幅を縮めることに成功しています。ただし2021/2期は黒字化しているとはいえ、丸善や紀伊國屋書店と比較すると規模の割には利益は小さいといえます。業績要因が公表されていないため憶測にすぎませんが、同社はイオン傘下という性質上、それ単体で利益を得ることよりもイオンモールの集客につなげることが目的と思われます

 書店からの利益がゼロであっても、消費者が他のテナントで消費することでイオンモール全体では利益につながることでしょう。今後の計画もイオン次第ですが、最近では1日1000円前後で使える読書・コワーキングスペースの「MIRAIYA Bookmark Lounge」を併設した店舗を増やしているようですラウンジカフェを併設した書店は蔦屋書店に通じる部分があり、くまざわ書店など他の書店も同様の店舗を展開しています。

文教堂グループHD:事業再生中、規模縮小が続くか

CA文教堂 青山一丁目店
CA文教堂 青山一丁目店 ©Nagahisa_Design
 駅前や商店街に中型の店舗を多数構えていた文教堂ですが、最近ではその数も減少しました。同社は2018/8期末に債務超過に陥ったのち、事業を再生すべく不採算店舗の閉店を進めているためです。なお債務超過とは負債が資産を上回る状態を表し、理論上その会社の資産を全て売っても借金を返しきれない状態を表します。

 同社は上場廃止を免れるべく事業再生に努めてきました。2018/8期から2021/8期までの業績は次の通りです。

文教堂グループHD(2018/8期~2021/8期)】
売上高:274億円⇒244億円⇒213億円⇒188億円
営業利益:-5.5億円⇒-5.0億円⇒4.1億円⇒3.7億円
最終利益:-5.9億円⇒-39.8億円⇒2.9億円⇒3.7億円
純資産(マイナスは債務超過):-2.3億円⇒-42.1億円⇒7.3億円⇒11.0億円

 2019/8期は不採算店舗を30店も閉店したことで減収となったうえ、撤退に伴う費用や資産評価額の見直しから赤字が拡大したことで債務超過額が拡大しました。しかし2020/8期、2021/8期にはコロナ禍で苦しみつつも不採算店を閉店し、経費削減に努めたことで黒字化に成功しています

 2020/8期には債務超過を解消していますが、これは金融機関による債務の株式化や株主である日本出版販売(現・日販グループホールディングス株式会社)から増資を受けたためです。なお日販グループHDは出版業界の問屋にあたる「取次」です。文教堂はこの債務超過解消によって上場廃止を免れることになりましたが、不採算店舗の閉店やコスト削減を続けるとしており、今後も規模縮小が続くことでしょう

“脱・本や雑誌を売るだけ”がテーマに

 出版不況は当然ながら書店業界に影響を与えており、特に文教堂のような中・小型書店は大打撃を受けています。都市部の大型店舗は需要を維持できるかもしれませんが安泰ではありません。こうした状況下で書店業界は文具・雑貨店を併設するほか書籍以外を充実させたり、コワーキングスペース併設する店舗を増やしています

 従来のように本や雑誌を売るだけでは集客を見込めないため、今後は本以外の商品やサービスも提供する、総合型書店が増えていくことでしょう。

TEXT/経済ライター 山口伸 編集/ヤナカリュウイチ(@ia_tqw)>

【山口伸】

化学メーカーの研究開発職/ライター。本業は理系だが趣味で経済関係の本や決算書を読み漁り、副業でお金関連のライターをしている。取得した資格は簿記、ファイナンシャルプランナー Twitter:@shin_yamaguchi_

紀伊国屋書店 新宿本店 ©picture cells