漢字の読みというのは非常に難しいものでありまして、時代によって読み方が変わってくることもしばしば。例えば「重複」は当然「ちょうふく」と読むのが正解なのですが、現在では「じゅうふく」と読むのも間違いではないという認識になってきています。それでも不確定な読みというものが、世の中にはたくさんあるようでして……みなさんは「一段落」ってどう読んでいるのでしょうか。

一段落は「いちだんらく」らしい!へえー!

ライターという職業柄、文章の意味には気をつけているつもりなのですが、それでも「漢字の読み」に関しては間違っていることもあるんですよね。アナウンサーと違って漢字さえ合っていれば、記事が成立してしまうので……。

そんなことを考えていたら、次世代のクイズ女王を目指す才女(元筋肉アイドル)の才木玲佳さんが、一段落の読み方についてツイートしていました。

一段落!「ひとだんらく」って言いがちだけど本来は「いちだんらく」らしいー!

筆者は出版社勤務だった頃に「いちだんらく」と叩き込まれたので覚えていましたが、あの経験がなければ確かに「ひとだんらく」と覚えていたかもしれません。

ちなみに才木さんのツイートの画像にある「初回動画は5/23の18時更新である、才木玲佳Youtubeで新しく始める企画の名前は?」の答えは「早押しクイズタイムレース」です!詳しくは下記の動画をどうぞ。

2022年3月31日に筋肉アイドルを、2022年5月3日プロレスラーを卒業した才木玲佳さん。まさに「一段落」したばかりということではありますが、これからクイズ女王を目指してがんばっていただきたい……とはいえ、もう既にクイズ女王を名乗ってもいいレベルなのでは!?

参考:YouTubeチャンネル「Saiki Reika才木玲佳」

アナウンスのプロ集団「NHK」ではどうなの?

NHKでは「ひとだんらく」を間違いとはしていませんが、「いちだんらく」を伝統的な読み方と考えているようです。

Q:放送で使う場合に「一段落」の読み方は「いちだんらく」「ひとだんらく」、どちらだろうか。

A:NHKでは、現在、「いちだんらく」と読むことにしています。
一般には、「いちだんらく」のほかに「ひとだんらく」の読み方もありますが、「いちだんらく」のほうが伝統的な読み方であると考えて、このようにしています。

大手メーカーの国語辞典でも下記のように掲載されており、やはり「いちだんらく」で間違いないようです。

「ひとだんらく」は誤り。
「ひとだんらく」と読むのは誤りだが、話し言葉では使われることも多い。
「ひと段落」も増えているが、「いち段落」が本来。

引用:NHK放送文化研究所

以上を踏まえると「ひとだんらく」というのは基本的に誤用ではあるものの、これから先「慣用読み」されていく可能性は十分に残っていると言えそうです。個人的には「慣用読み」って好きではないのですが、それも時代の流れですので仕方のないことなのかもしれません。

才木玲佳さんといえば、TBSラジオで放送されていた「伊集院光とらじおと」に出演、毎回質の良い「プレゼン」をされており聴き応え抜群でした。伊集院さんが他局からオファーがあったことは明らかにしていますので、また才木玲佳さんも伊集院さんの番組に出てくれないかな……と密かに期待しております。

image秒刊SUNDAY

才木玲佳(さいき・れいか)

埼玉県出身 1992年5月19日生まれ
2014年プロレス団体「WRESTLE-1」のオフィシャルサポーター「Cheer1(チアワン)」のメンバーに選出。2016年プロレスラーとしてデビュー東京女子プロレスレギュラー参戦を発表。2017年8月に団体最高峰のベルト「TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座」を奪取。2019年に顎を骨折し長期休養を余儀なくされた。2022年5月プロレスラーを引退、タレント活動に専念すると発表した。



画像が見られない場合はこちら
才木玲佳も知らなかった!?一段落は「ひとだんらく」か「いちだんらく」か、NHKの見解は……