5月24日新型コロナウイルスに関連する持続化給付金などを国からだまし取ったとして約1550万円の詐欺罪に問われた経済産業省元キャリア官僚・櫻井眞被告(29)の控訴審が東京高裁であった。懲役2年6月の実刑判決を下した1審を支持し、控訴は棄却された。

 キャリア官僚として順当に出世するはずだった櫻井被告。実生活では“散財っぷり”が噂されるなど、派手な暮らしぶりが目立っていたという。一体どんな人物なのか。櫻井被告の素性を報じた「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2021年11月18日号、 年齢・肩書き等は掲載時のまま)

◆◆◆

「拝金主義的な人間に成り下がっていました」

“主犯”の男は、法廷でそううなだれるのだった。

 持続化給付金など約1550万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元経産省キャリア官僚の櫻井真、新井雄太郎両被告。2人の公判が11月4日、東京地裁で行われた。

「2人の逮捕は今年6月のこと。自宅などをペーパーカンパニー『新桜商事』の事務所と偽り、家賃支援給付金中小企業庁に申請し、計約1150万円を詐取していたのです。コロナの影響で減収したとする虚偽の確定申告書を提出し、持続化給付金約400万円をだまし取っていたことも発覚しました」(社会部記者)

 慶応義塾高で同級生だった2人。櫻井は慶応大からみずほ銀行勤務を経て18年入省。新井は東大ロースクールで司法試験に合格後、櫻井を追うように20年に入省した。10月11日の初公判で指摘されたのは、そんな彼らの主従関係だ。

キッカケは、櫻井が入省後の19年に起こした民事訴訟を巡る一件でした。新井は櫻井のために、関係者に“偽証”を持ちかけたのですが、その様子が逆に録音されていた。結局、解決金200万円を支払う状況に追い込まれます。『お前がケツを拭け』と非難され続け、以来、新井は櫻井の命令に従うようになった。昨年12月、櫻井が『家賃支援給付金を調べておけ』と指示したことで、一連の詐欺が始まります」(同前)

 詐取したカネも主に櫻井が使っていた。供述調書などによれば、タワマンの家賃約50万円や、約600万円の高級時計、交際相手への月約150万円の小遣いに充てたりしていたという。

櫻井が語った犯行動機「私はカネで自信を補完していた」

 初公判では、2人の“隠蔽工作”も明かされた。

警視庁捜査二課の内偵を銀行関係者から聞いた2人は今年6月頃、経産省の地下で電動ドリルを使ってスマートフォンを破壊。山下ふ頭まで運んで海に投棄したといいます」(同前)

 一方、11月4日の公判には櫻井の父親が情状酌量の証人として登場した。都内で小規模な不動産関連企業を経営する父親。「質素に育てたつもりだった」としつつ、中学から慶応の息子についてこう語った。

「ずっと心配していました。周りの友達が桁違いのお金を動かしていて、その時にお金に興味を強く持ったように思います」

 しかし、そんな親の思いとは裏腹に息子は“カネの亡者”と化していった。裁判長から「なぜ犯罪に手を染めたのか」と問われ、

「勉学やスポーツで努力しても、世の中で評価されない。金銭感覚で立身出世した人を見てきた。私はカネで自信を補完していた」

 と、涙交じりに答えていた櫻井。だが、立身出世どころか、カネで華麗なるキャリアも失ったのだった。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年11月18日号)

送検のため麹町署を出る新井 ©共同通信