デベロッパー(開発元)のThe Dust5月23日アクションアドベンチャー『I, the Inquisitor』ゲームプレイトレーラー海外メディアのIGNと本作のSteamストアページにて公開した。

 対応プラットフォームはPC (Steam)、PS5Xbox Series X|S。Steamストアページによると、本作のテキスト情報は日本語にも対応する。

 『I, the Inquisitor』プレイヤーの倫理感に差し迫る選択が用意されたストーリー主導のアクションアドベンチャーゲームだ。本作はポーランドファンタジー作家Jacek Piekaraによるベストセラー小説『Inquisitor』シリーズを原作としており、宗教をモチーフに据えた架空の歴史を描くダークな世界観が特徴だ。

 本作の舞台は、怒りと復讐の暴力を説くイエスが復活し、数世紀の時を経た1500年代の世界。狂信的な審問官の軍隊が残忍に信仰を執行するなか、プレイヤーは神につかえる異端審問官「モルディマー・マダーディンとして生きていく。

 プレイヤーはモルディマーとして派遣された街コーニグシュタインで信仰に背く者たちの様々な事件や犯罪を捜査し、必要に応じて異界を訪れながら街に蔓延る不可解な謎を解明することとなる。

復活したイエスが怒りを説く世界で異端審問官となるアクションゲーム『I, the Inquisitor』の新映像を海外メディアが独占公開_01
(画像はSteam:I, the Inquisitorより)
復活したイエスが怒りを説く世界で異端審問官となるアクションゲーム『I, the Inquisitor』の新映像を海外メディアが独占公開_02
(画像はSteam:I, the Inquisitorより)

 ゲームは街の犯罪の追跡をとおして進行するが、追跡する際には主人公のさまざまなスキルを利用して証拠を集め、犯人を突き止めていく。

 いっぽう、捜査をしていくなかでは証拠を残さず罪を犯し、真相を魂に仕舞い込犯罪者もしばしば登場する。その場合は神秘的な異界「アンワールドを訪れて真実を発見する必要があるという。「アンワールド」は暗黒の力が支配しているため、モルディマーを破壊せんとする禍々しい力を退け、生還することを目指そう。

復活したイエスが怒りを説く世界で異端審問官となるアクションゲーム『I, the Inquisitor』の新映像を海外メディアが独占公開_03 復活したイエスが怒りを説く世界で異端審問官となるアクションゲーム『I, the Inquisitor』の新映像を海外メディアが独占公開_04 復活したイエスが怒りを説く世界で異端審問官となるアクションゲーム『I, the Inquisitor』の新映像を海外メディアが独占公開_05

(画像はSteam:I, the Inquisitorより)

 モルディマーは異端審問官であり、時には舌を緩めるべく犯人を拷問することもでき、またその手で裁くこともできる。残忍に犯人を殺す復讐の鬼と化すのか、罪を暴いた上でその生を認める審問官となるかはその手に委ねられる。プレイヤーの選択により、重厚なダークファンタジーの世界が迎えるエンディングは変化するという。

 興味がある読者は開発者の公式TwitterSteamのウィッシュリスト機能で更新をチェックし、発売を待とう。

Steam:I, the InquisitorはこちらI, the Inquisitor(@ItheInquisitor) Twitterはこちら