画像イメージ

画像イメージ

残念ながら世の中には、誠意が見えない面接官も存在する。東京都に住む40代前半の女性(専門職、コンサルタント・士業・金融・不動産/正社員/年収450万円)は、とある会社に履歴書を送ったところ、ひどい文句を言われてしまったそうだ。(文:谷城ヤエ)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

とりあえず応募しただけなのに……」

「とある会社に履歴書を送りました」という女性は、「留守番電話にメッセージが残されており、折り返し電話するよう」という指示があったため、折り返し電話をした。ところが、

あんたみたいな新卒がうちの会社を受けるなんて図々しい。何か実績でもあるのか。うちに入りたいならそれなりの実績を積んでから受けなさい」

と文句を言われたという。まさかの内容に女性も驚いたはずだ。直接会ったこともないのにそこまで言われる筋合いはないだろう。

「求人広告の隅にあった、聞いたことも無い会社にとりあえず応募しただけなのに……」

と不満を漏らしていた。

同じく東京都に住む30代後半の男性(その他/正社員/年収300万円)は

「事前に送った履歴書を当日になって担当者が持っておらず、名前や通勤時間などをその場の手書きで改めて提出させられた」

と、ありえない対応を振り返った。時間をかけて準備した履歴書なのだからもっと大切に扱ってほしいものだ。

失礼すぎる!「あんたみたいな新卒がうちの会社を受けるなんて図々しい」と言われた女性