過疎化や高齢化は日本社会が抱える大きな課題だ。とりわけ経済・産業活動の縮小が著しいのが地方である。さまざまな対策が各自治体で講じられているが、日本で一番人口が少ない県・鳥取県ではある興味深い取り組みが行われている。

鳥取
※画像はイメージです。以下同じ)
 それが日本財団鳥取県2016年に発足した「みんなでつくる“暮らし日本一”の鳥取県」の共同プロジェクトだ。日本財団の鳥取事務所所長として本プロジェクトにかかわってきた木田悟史氏は、2016年より鳥取県に移住し、住民たちとの交流を重ねるなかで2022年までの6年間で、250を超えるプロジェクトを推進してきた。そこから見えたキーワードは「濃いつながり」「おせっかい人材」「学びの場」だという。

 今回は木田氏の著書『みんなでつくる“暮らし日本一”「鳥取県×日本財団共同プロジェクト」から学ぶまちづくりのヒント』の内容から、実際に推進されたプロジェクトのひとつである「UDタクシー」の導入について紹介したい(以下、同書より一部編集のうえ抜粋)。

新しい公共交通モデルを構築

「UDタクシー」といっても、まだピンとこない方もおられるかもしれません。まずはその説明をしましょう。先にも述べましたが、UDとはUniversal Designユニバーサルデザイン)の略で、文化・言語・国籍・性別・年齢の違い、障がいのあるなしにかかわらず、だれにでも使いやすいデザインになっていることです。

 つまりUDタクシーは、障がいのある方、ご高齢の方、病気やケガをしている方、妊娠している方、あるいはたくさんの荷物を抱えている方など、なんらかのハンデのある方でも安心して乗れる仕様になっているタクシーです。

 介護タクシーもありますが、こちらは主に介護保険の適用を受けられる人を対象にしたもので、何よりいちばんの違いは介護タクシーが通常は会社の営業所で待機、利用する際は事前予約が基本となるのに対し、UDタクシーはまちなかを流していたり、駅や大型施設前のタクシー乗り場に停車していたりで、一般の方、健常者もこれまでのタクシー同様に、同料金でふつうに乗れるものです

車イスに乗ったままでも乗車できる

鳥取県
車イスに乗ったままでも乗車できるユニバーサルタクシー
 介護タクシーが専門性をもつ福祉車両であるとすれば、UDタクシーオールマイティ乗り物と言えるでしょうか。従来のタクシーセダンタイプと違い、ワンボックスタイプでドアが左右に動くスライド式、乗降口に手すりや足をかけるステップがついていることなどが特徴で、車イスの方が車イスに乗ったままでもタクシーに乗れるようになっています

 日本ではトヨタと日産が生産しており、トヨタ車をジャパンタクシーとも呼ぶので、その愛称のほうに馴染みをもつ方もおられるかもしれません(日産NV200バネット2020年に製造中止)。

 車イス乗車スペースに大きな荷物を積むこともできるので、スーツケースで移動する外国人観光客などへの利便性が高いことからも、そしてもちろん、多様性を大事に社会的弱者にしっかり目配りするということからも、「2020東京オリンピックパラリンピック」開催に向けて国土交通省が導入に力を入れたので、首都圏や近畿圏などでもUDタクシーの数が増えてきました。都会ではUDタクシーということを知らずに、あるいはそのことをさほど意識せずに乗車される方が多いかもしれません。

UDタクシー導入で国土交通大臣表彰を受賞

扶桑社
木田 悟史『みんなでつくる“暮らし日本一”「鳥取県×日本財団共同プロジェクト」から学ぶまちづくりのヒント』(扶桑社新書)
 UDタクシーの説明が少し長くなりましたが、既述した通り「鳥取県×日本財団共同プロジェクト」では、一般社団法人「鳥取県ハイヤータクシー協会」への助成事業として、このUDタクシー2016年から準備し、2017年9月までに125台、2018年1月に75台、合計200台を導入しました

 タクシーの数が5万台と言われる東京では200台ではほとんど影響がでませんが、鳥取県内なら小型タクシー半分以上をUDタクシーにできます。そのことでいろいろなことが変わる、変えられるのではないかと期待してのことでした。その成果として「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受賞しています。

 ちなみにタクシーの車体カラーは一般にはタクシー運営会社ごとに違っているのですが、UDタクシーの車体はすべて黄色に統一していただきました。この黄色は鳥取(山陰地方)はどんより曇った日が多いなか、明るい黄色で元気になってもらおうという想いと、ひと目でUDタクシーだと認知してもらうためです。

 JR鳥取駅米子駅などにはじめて降り立ってタクシー乗り場に向かうと「UD TAXI」と大きくペイントされた「黄色」のインパクトに驚かれるかもしれません!

高齢免許返納者のタクシー利用が倍増

 ではUDタクシー導入で具体的に何が変わったのでしょうか。はっきりと数字に出ているのは、高齢者のタクシー利用が増えたことです。鳥取県では運転免許証を返納した高齢者ドライバーのUDタクシー利用者が急増。免許を返納した高齢者のタクシー利用はUDタクシー導入前の2015年が8381件だったのが、導入後の2016年には1万7111件、2017年は1万9845件と、導入前と導入後では約2.4倍も違っています

 全国的に高齢者の運転が引き起こす事故が多発しています。「自分では大丈夫だと思っているかもしれないけれど、何が起こるかわからない。危ないからもう免許証を返納して!」と子供や孫が強く勧めても、頑なに拒否する方もいますが、それは外出するときの足として車が手放せないという理由も少なからずあるでしょう。しかし、UDタクシーがそれに代わるようになり、結果、不幸な事故予防にもつながっているはずです。

 そしてじつはUDタクシーは意外にも健康づくりにも貢献しています。健康のためには歩くことが大事です。歩かないことで足腰が弱まる、病気を呼び込む、引いては医療費の拡大にもつながります。

 都会であれば目的地まで電車や地下鉄、バスを利用し降りた駅や停留所からは歩いて向かうというのが一般的ですが、地方では公共交通機関が少なく、目的地まで直接クルマで向かうことが当たり前になっていて、徒歩5分、10分の距離でもついクルマに乗ってしまいます。歩かずクルマに乗ることがクセになっているのでしょう。

「日本一歩かない県」に起きた変化

 少し話がそれますが、鳥取県はかつて「日本一歩かない県」という汚名をもらったことがありました。2010年厚生労働省の「国民・栄養調査」によると、20歳以上の男女で1日に歩いた数が鳥取県の男性は全国47位、つまりワースト1です

 女性も下から3番目の45位。お隣県の兵庫県の男性は1日7964歩、女性は7063歩でともに1位でした。鳥取県の男女は1位の兵庫県に対し、1日平均2000歩前後も少なかったのです。1000歩が10分のウォーキング相当とするなら、1日で20分の差がありました。

 その後、この状況を打破すべく「ウォーキング立県」を目指しており、この「鳥取県×日本財団共同プロジェクト」でも、「ウォーキング立県19のまちを歩こう」事業などに助成をして、県民の方々の健康づくり、運動習慣づくりをサポートしてきました。こういった取り組みが少しずつ成果を挙げているのですが、このようなウオーキングを目的としたイベントとはまったく別の枠組み、じつはこのUDタクシー導入が「歩く機会を増やす」一助にもなるという現象も起こっています。

「タクシー利用で歩かなくなる」の誤解

タクシーを利用してますます歩かなくなるのでは?」と疑問をもつ方がいるかもしれませんが、たとえば、介護タクシーを利用しようとしても台数が少ないので好きな時間に予約がとれないとか、まだ自分はわざわざ介護タクシーを利用するほどではないといって、つい億劫になって外に出かけるのを控えていた高齢の方が、UDタクシーを気軽に利用し外出する機会が増えたのです

 高齢者がUDタクシー利用をする際に各市町村が助成をつけて利用を後押ししたこともあります。

「障がい者割引、免許返納者割引(ともに運賃の一割負担)の割引負担、じつはタクシー会社が負担しています。売り上げの一部が減るわけですから導入直後は不安もありましたが、障がい者、高齢者の利用が増え、また一般の方でもUDタクシーを利用したいという母数が上がってきたので、割引負担の分もカバーできています」と鳥取市内で24時間営業している「有限会社サービスタクシー」の松浦秀一郎代表取締役

 鳥取県ハイヤータクシー協会が2020年10月1日から20日にかけて行った乗車実態調査によるとUDタクシーを10回以上利用したことのある人の割合は全体の60%、高齢者では70%、障がい者は80%にのぼっています。

 UDタクシーが増えたことで、高齢者や障がい者が事前予約しないでも好きなときに外出できる環境が整い、せっかく出かけたならあそこにも足を延ばしてみようということになり、結果、歩く機会も増えたわけです。高齢者の健康づくりにUDタクシーが貢献しているわけです。

TEXT日本財団鳥取事務所所長 木田悟史>

【木田悟史】

公益財団法人日本財団鳥取事務所所長。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、日本財団入団。総務部や助成事業部門を経て、NPO向けのポータルコミュニティサイト:通称「CANPAN」(カンパン)の立上げに関わり、企業CSR情報の調査等を担当。2011年に発生した東日本大震災発災後は支援物資の調達や企業と連携した水産業復興支援事業のため、約3年間東北地方と関わる。著書に『ゆたかさのしてん――小さなマチで見つけたクリエイティブな暮らし方』(今井印刷)がある

車イスに乗ったままでも乗車できるユニバーサルタクシー