ストロースプーンなど使い捨てプラスチック製品の使用量の削減を、企業などに求める「プラスチック資源循環促進法」が4月1日から施行されました。これによって、木製や紙製への切り替え、有料化、配布取りやめが進められます。プラスチックごみの削減が目的です。

削減対象は、飲食店やコンビニなどが無料配布してきたストロースプーンホテルや旅館の歯ブラシやクシ、クリーニング店のハンガーなど12品目。年5トン以上提供する事業者は、プラ以外の素材への転換、プラ製品を提供する場合の有料化などが義務化され、不十分な場合は国が勧告や命令を出し、従わない場合は罰金を科します。

コンビニ等で配布中止や有料化に。「使い捨てプラ製品」