堀江貴文

実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文氏が25日、公式ツイッターを更新。街中で知らない人から反応されることの「精神的負担」について明かした。


■マスクでも気付かれる

堀江氏はこの日、インターネットユーザーの「ふいにパッと堀江さんが現れたら、分からない人も多そう。意外と」とのつぶやきに反応し、「普通の顔認識能力があれば、マスクしてても私を知ってる人は気付きますね」とツイート

「思わず『ホリエモン!』とか言われて、そのときの気分によってはイラッとしたりします」と複雑な思いをつづった。


関連記事:堀江貴文氏、GWの混雑緩和に「有給休暇」を推奨 取れなければ「労基に通報」

■声をかけられても…

さらに、別のユーザーから「目を輝かせながら『ほ…堀江さん!』はセーフ?」と問いかけられると、「基本的には嫌ですね。とくに人が多いところでそれやられると、他にも気付く人が出てきて面倒くさい」と、声をかけられるのを好まないことを明かした。

■「ものすごい精神的負担」

また、「軽く会釈は?」との質問には、「知らない人にみんな会釈されるのって、ものすごい精神的負担なんですよ…。黙ってスルーしてもらうと助かります」と打ち明ける。

その理由について、「まず知り合いかどうかチェックしないとなので…。マスクつけられてるとさらに難易度上がります。知り合いなのに軽くあしらわれたとか思われたりもするんでね」と説明。

「握手は?」とも聞かれ、「選挙に出るわけでもなし、できればしたくないですね。知らん人の手握りたくないもん」と返している。


■共感の声が集まる

堀江氏の著名人ならではの悩みに、フォロワーからは「一般の人はご近所さんでもない限りあまり挨拶しないもんね」「こっちは本やYouTube知ってるけど、堀江さんにとっては迷惑ですよね」「日本中に知られてるって大変ですね」と共感が集まった。

その一方で、「確かに。でもそれが有名税ってやつなんだよなぁ」との声や、「目と目が合えば知らない人とでも、自然に軽くかわすのが会釈です。そのほうが心地良いです」といった意見も寄せられている。

・合わせて読みたい→堀江貴文氏、ネット記事の写真選びに苦言 「一番間抜けに見える写真を…」

(文/Sirabee 編集部・けろこ

堀江貴文氏、知らない人からの会釈に困惑 「黙ってスルーしてもらえると…」