20年ぶりにPlayStation2ゲームソフトを開けたら、衝撃的発見があったと話題

image:写真AC

最近ではゲームソフトなんていうものを所有するよりも、ダウンロード版で本体に保存しておくほうが主流となっております。しかし、購入したゲームソフトを物理的に持っているという感覚もまた良いものです。そんな中こちらのゲームソフトは今からおよそ20年前に人気となり、現在も後継機が続くゲーム機です。

PlayStation2ゲームソフトの中に……

https://platform.twitter.com/widgets.js

さて「PlayStation2」のゲームソフトを久々に開けたらとんでもない発見をしたという男が話題となっております。

DJ Limitedという男は、2000年に発売されたPlayStation2用のゲームソフトを20年ぶりに開封したところ、衝撃の物体を発見したということです。

それは、なんと中から札束がザクザク!これはゲームか、幻か!?いえいえ、もちろん現実です。

image:pixabay

祖母の古いテレビを活用しようと、古いゲームを探していたところ、なんとPlayStation2ゲームソフトを偶然発見。中から札束ということです。

その合計額は1000ポンド、およそ15万円近くに上ります。

どうやら彼は20年前、PlayStation2ゲームNeed for SpeedUnderground2」のソフトの中に金を隠しており、それを忘れていたということです。

しかも、入っていた札束は20年前のもので現在廃止されているもの。若干骨董価値がある!?かもしれません。

ゲームの中の金、ではなく現実に金が出てくるとは驚きです。みなさまもゲームソフトの中に忘れられた金品類が隠されているかもしれないので是非チェックを。

Source:THESUN



画像が見られない場合はこちら
20年ぶりにPlayStation2のゲームソフトを開けたら、衝撃的発見があったと話題