ドカベン』『野球狂の詩』など連載作はどれも大ヒット、そして毎月の執筆ページはなんと450枚! 質量ともに神がかっていた「1977年水島新司」のエピソードを紹介。

 飲めないにもかかわらず、毎月の飲み代が200万円に達した理由とは? 水島新司を誰よりも敬愛する構成作家・オグマナオト氏の新刊『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

 日本の野球が「世界一」をつかんだ記念日。それが1977年9月3日だ。読売ジャイアンツヤクルトスワローズ23回戦、この日の2打席目に立った王貞治は鈴木康二朗のシンカーライトスタンドへ。メジャーリーグ記録を抜く756号を達成した瞬間だ。後日、この偉業が称えられ、当時の福田赳夫首相から最初の国民栄誉賞を授与されている。野球が娯楽の王様だった時代、その「プロ野球絶対王朝」の最盛期が77年だった。

神がかっていた「1977年水島新司

 なぜこの話を持ち出したかといえば、水島新司の最盛期もまた1977年、38歳の頃ではないかと考えるからだ。もちろん、作品の面白さなどは読者個々で異なるだろうが、それでも「1977年水島新司」は質量ともに神がかっていた。

 まずは量について。この年の連載作品のラインナップがただただ凄い。『ドカベン』(6年目)、『野球狂の詩』(6年目、この年でいったん連載終了)、『あぶさん』(5年目)、『球道くん』(2年目)、『一球さん』(3年目、この年で連載終了)。

 さらに、『週刊少年サンデー』の元編集部員で、のちに野球ライターの第一人者となる永谷脩とともに野球専門誌『一球入魂』を創刊。責任編集長まで務め、この雑誌上で『白球の詩』の連載を開始している。この頃の生産数は、なんと月産450枚!

 通常の人気作家が月産100枚前後であることを考えれば、いかに尋常ではない量をこなしていたかがわかる。『ドカベン』連載中の70年代、睡眠は毎日3時間程度。と言っても、描くことが楽しくて寝たくなかった、とまでコメントしたことも。

 水島によれば、この「量」こそが自身の作品パワーの源だったと、『月刊経営塾』1995年10月号で「漫画家に一番大事なのは勢いじゃないかと思います。筆の勢いがイコール情熱になる」と語り、さらにこう続けている。

私の師匠である花登筺先生(故人)が、「力作は量産から生まれる」と言われたんです。でも、僕がそれまで先輩に聞いていたのは、「量産は駄作しか生まない」という逆説でした。つまりまったく違うんですね。でも花登先生の場合は、本当に量を書いて、それがことごとくヒットしたでしょう。だから花登先生の方が説得力がありましたから。実際に描いてみますと、やっぱり才能のない人は量を描けないんです。

 また、「質」という意味でも77年最強説を唱えるファンは多い。

 ドカベンシリーズ史上最高試合、との呼び声も高い高校2年春のセンバツ決勝、「明訓土佐丸」戦が描かれたのも同年だ(それゆえ、この試合が収録された『ドカベン』30・31巻こそ水島マンガの最高傑作、とする読者も多い。水島マンガの模写で腕を磨き、のちに『スラムダンク』を描いた漫画家井上雄彦もそのひとり)。王がバットで天下を獲った年に、ペンで野球マンガ界の天下を獲っていたのだ。

 さらに、この1977年は『ドカベン』と『野球狂の詩』が揃って実写の映画化。しかも、両作品で“役者・水島新司”として出演まで果たしていて、TVCMにも出演。テレビをつければ『ドカベン』と『野球狂の詩』のアニメも流れていた(ともにフジテレビ系)。

 そんなドカベン人気に押されるように、『週刊少年チャンピオン』の人気も最盛期に。1977年に全国大学生協連が東大をはじめとする26大学、約5千人を対象に調査した「学生の生活実態」で、《よく買う、またはよく読む本》のナンバーワンは、秋田書店発行の『週刊少年チャンピオン』だった。

活躍した南海の選手には「5万円をプレゼント

 では、これだけの「量」と「質」を担保するアイデアの源泉はどこにあったのか?

 水島新司自身の言葉でこういうくだりがある。

たとえば銀座の飲み屋で三軒ほど僕のツケで、南海の選手はタダという店を作ったり、南海が東京のゲームで勝った時に、「あぶさん賞」とか「鉄五郎賞」とか勝手に作りまして、活躍した選手に五万円を分けて渡したりしてました。ま、南海はそんなに勝たなかったから、ハハハ。(『週刊文春1988年11月24日

 酒が飲めないのにもかかわらず、1977年からの2年間、毎月のように200万円の飲み代を支払っていたというから、いかにこの飲み屋が情報入手の場になっていたかがうかがえる。それが成り立ったのは、この時期、水島が漫画家生活のなかでもっとも稼いでいた時期だったから、というのは本人も認めている。

 おそれ入るのは、これだけ創作活動に時間をかけながら、年間で何十試合も草野球に励んでいたこと。まさに「野球狂」とは水島新司本人のこと。

 これから水島作品を読んでみたい、久しぶりに読みたい、という方には、ぜひ1977年前後の作品をお勧めしたい。描いて描いて描きまくったからこそ到達した「日本野球のもうひとつの真髄」がそこにあるのだから。

「俺が岩鬼にホームランを打たれるはずがない」現役プロ野球選手が水島新司を訴えた「ドカベン裁判」のその後 へ続く

オグマナオト)

「1977年の水島新司」は神がかっていた ©文藝春秋