コロナ禍は3年目に突入し、いまだ収束のめどは見えていない。当初の予想以上に長引くコロナ禍に、ストレスを感じている人は多いのではないだろうか。

 そうしたストレスレベルは、地域によっても傾向に差があるようだ。都道府県ごとのストレス度合いが低い人と高い人の含有率を基にした「ストレスオフ県ランキング2021」からその特徴を見てみよう。

 一般社団法人日本リカバリー協会、一般社団法人日本疲労学会、株式会社ベネクスなどが全国20~79歳の男女計10万人を対象に行った大規模インターネット調査『ココロの体力測定2021』を基に、全国の女性約4万3000人のデータから「ストレスオフ県ランキング2021【女性編】」を作成した。

 それでは、実際にランキングを見ていこう。

※集計期間は2021年11月15日12月20日厚生労働省実施の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して点数化し、77点以上を高ストレス群、39点以下を低ストレス群と定義。調査データを基にストレス分析を行い、各都道府県における高ストレス者(77点以上)と低ストレス者(39点以下)の含有率と全国平均を算出した。全国平均を100としたときの各都道府県のそれぞれの含有率を指数化。低ストレス者の指数から高ストレス者の指数を差し引き、「ストレスオフ指数」を算出。数値が高いほどストレスオフ県とした。

女性の「ストレスオフ県ランキング」
1位は長崎県

ストレスオフ県ランキング2021【女性編】」1位は、長崎県となった。低ストレス者(39点以下)の割合から高ストレス者(77点以上)の割合を引いた「ストレスオフ指数」は44.7だった。長崎県は昨年も5位と、上位にランクインしている。

 2位は鳥取県で、ストレスオフ指数は43.8だった。鳥取県は昨年1位だった。2年連続でトップ3に入っている。続いて3位には、宮崎県ストレスオフ指数42.6)がランクインした。

ストレスが少ない人が多い県の特徴は?

ストレスが少ない人が多いと少ない県
「休む意識」に差

 ランキング上位地域にはどんな特徴があるのか。他の調査項目の回答と併せて分析すると、いくつかの傾向が指摘できた。

 まずランキング上位、「ストレスの少ない人(低ストレス者)」が多い地域にはどんな特徴があったのか。今回のランキングで1位となった長崎県では、他の地域に比べて「疲れているときに休む意識が高い」傾向が確認できた。これは男性版のランキングで1位となった茨城県と同じ傾向だ。

 また長崎県では、「コロナ禍で睡眠の質や量が向上した」と答えた人も多かった。

 そのほかのランキングの上位県でも、長崎県と同様の傾向が見られた。2位の鳥取県では「コロナ禍で睡眠の質や量が向上した」人が多かった。また、3位の宮崎県では、長崎県と同じく「疲れているときに休む意識が高い」傾向がある。

 続いて、全国のデータを基に、さらに詳しく見ていこう。

 年代別にストレスレベルごとの含有率を見ると、20~30代で高ストレス者が20%を超えており、年を重ねるほど高ストレス者は減少傾向にあることが分かる。20代では、高ストレス者と高ストレス注意者(63~76点)を合計すると全体の半数を占める。これは男性と同じ傾向だ。

コロナ禍の影響は?
高ストレス者の多数「休養の質・量が悪くなった」

 また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、私たちの生活は大きく変わった。日々の仕事や暮らしに制限が生じたことで、ストレスを感じた人も多いだろう。実際、新型コロナウイルスが流行する前とその後で比べるとストレス状態にはどんな変化があったのか。

 ストレスレベルごとの含有率をコロナ前の2019年の調査と比較すると、ストレスが多いことを示す高ストレス者(77点以上)の割合は19年には15.6%だったが、21年には16.3%となっている。男性における変化と比べるとその差は小さいが、わずかに増加していることが分かる。一方で、ストレスの少ない「低ストレス者(39点以下)」は19年が8.8%、21年が8.3%でこちらもわずかに減少した。

 コロナ禍では、社会や人とのつながりにも変化が生じ、こうした変化がストレス状態に与える影響も大きかったといえる。以下の表では、コロナ禍で社会や家族とのつながりがどう変化したかについて、高ストレス者、低ストレス者それぞれの回答をまとめた。

 これを見ると、ストレスレベルに関係なく、「家族以外の友人、職場の同僚、その他社会団体の人々との交流」については、悪くなったと感じる人が多いことが分かる。コロナ禍で孤独社会の傾向が強くなったといえる。

 一方で、「パートナーとの関係、スキンシップ」「やるべき役割や目標の実現度」「会社・職場とのつながり」については、高ストレス者と低ストレス者で異なる傾向が見られた。高ストレス者では、いずれも「良くなった」と答えた人に比べて「悪くなった」と答えた人の割合が高くなっている。また、悪くなったと答えた人の割合は、低ストレス者と比べて非常に高いことが分かる。特に、「パートナーとの関係、スキンシップ」「やるべき役割や目標の実現度」が悪くなったと感じている人の割合について、高ストレス者と低ストレス者の違いが顕著だった。

 続いて、健康的な生活には欠かせない休養、食事、運動などの習慣について、コロナ禍における変化を見ていこう。厚生労働省の定める「健康作りの3要素(休養、栄養、運動)」に関する変化を、ストレスレベル別にまとめた。

 高ストレス者では、全ての項目で「良くなった」と答えた人に比べて「悪くなった」と答えた人の割合が高かった。休養の質・量については、睡眠、睡眠以外ともに悪くなったと答えた人が半数を超えた。高ストレス者の多くが、十分な質・量の休養を取れていないと感じている。

 コロナ禍3年目、変わった生活スタイルに徐々に慣れてきても、やはり人と会いづらかったり、運動不足になりがちだったりする中で気付かぬうちにストレスを抱えていることもあるだろう。十分な休養を取り、体をリフレッシュできるよう工夫してみよう。

(本記事は一般社団法人日本リカバリー協会からの提供データを基に制作しています)