カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 動物との交流は、時に生きる希望を与えてくれることもある。海外掲示板シェアされた「隣人からの手紙」が、多くの反響を呼んだ。

 投稿主は、留守の間に3匹の飼い犬の世話を隣に住む一人暮らしの高齢男性に頼んだという。男性は快くそれを引き受けてくれた。それがきっかけで、これまで孤独だった日々に変化が生まれたという。

 男性は犬と触れ合うことで芽生えた生きる喜び、感謝の気持ちを手紙にしたためて、投稿主に送ったのだ。

【画像】 犬の世話をしてくれた隣の老人からもらった感謝の手紙

 RedditユーザーSnooCupcakes8607さんは、休暇中、飼い犬3匹の世話を、隣に住む一人暮らしをしている高齢の男性にお願いした。

 男性は快く引き受けてくれた上に、感謝の手紙をくれたという。その手紙はあまりにも感動的で、みんなと共有したかったSnooCupcakes8607さんはRedditシェアした。

こんにちは。これは、あなたが2週間前の休暇中に、スモーキーオレオジェニファーのお世話をさせてもらったことへの私からのお礼の手紙です。

ご存知のように、私は老人です。以前ほど関節の具合が良くないため、外に出ることも滅多になく、あなたたちにも会うことはなくなってしまいましたね。

それに加えて2年前、パンデミックの真っ只中に、私の父がステージ4の結腸癌と診断され、彼の死後、私はこの家で一人ぼっちになりました。

私には、妻も子供もいません。ある日、眠りについてそのまま二度と目を覚ますことがなくても、誰にも気づかれることもないでしょう。

スモーキーオレオジェニファーに会うまでは、毎日ただ家の中に座って、私の人生は何だったのかと考えているばかりでした。

あなたのペットは、本当にかわいくて、面白くて、とてもやんちゃな(良い意味でです。ご心配なく。彼らは家を台無しにすることはありませんでした)3匹です。

彼らは、私に自分の人生をもう一度見直す機会を与えてくれました。

私は、3匹の世話をするために朝早く起き始めました。そして、3匹を散歩に連れて行ために、自分も数年ぶりに外を散歩し始めました。

10分ごとに私が悲しんでも、3匹は私の足にすり寄ってきたり鳴き声をあげたりして、私を笑わせてくれました。
000
photo by Pixabay

特に、3匹の世話をして良かったと感じたのは、私が彼らを公園に連れて行った時でした。

あれほど長い時間外で過ごしたのは久しぶりで、その時間はペットとの交流を取り戻しただけでなく、散歩で出会った人たちと会話をするようになりました。友達ができたのです。

ああ、自分はまだ生きていて、彼らと同じ人間なんだと感じられて、とても嬉しかったのです。

誰かのために、隣人のために、まだ私にも何かできることがあったのだと知ることができたのはとてもうれしかったです。

もうお気づきかと思いますが、それ以来、私はすぐに2匹の犬を施設から引き取り、養子にしました。(私の家からうるさい鳴き声が聞こえているかもしれませんが、ご容赦ください!)

私は今、犬を連れて定期的に公園を散歩し、そこで出会った友達と話をすることを楽しんでいます。

つまり、私が言いたかったのは、あなたたちの犬の世話をさせてもらったことで、私は生きる希望を与えられました。

人生の意味を取り戻しました。それはとても重要で、これに気付かせてくれたあなたたちにとても感謝しています。

まごころをこめて、ロバートより

追伸:庭の芝刈りを手伝ってもらえるとうれしいのですが(笑)
00

photo by iStock

 男性は3匹の犬を預かったことで、生きることに意味を見出したようだ。引きこもりがちだった生活も犬たちを散歩に連れていくことで必然的に外にでるようになり、犬を通して人々と交流を持つようになった。

 そして彼は、犬とともに残りの人生を前向きに行くことを選んだのだ。

多くのユーザーらが、老人の手紙に感動

 孤独だった老人が、再び生きる希望を見つけるようになった喜びが綴られたこの手紙は、多くのユーザーらの心を動かしたようだ。

 Redditにはこのようなコメントが寄せられている。

・いつどこで、自分が誰かの助けになっているかは本当にわからないものだね。

・私の母にも同じことが起こったわ。姉が子犬を買ったけど自分で世話せずに、結局母がすることになったの。母は犬を1日に数回散歩に連れて行くようになったおかげで、近所の人との繋がりができたの。今はもう5年も続けているわ。

・私の祖母は93歳で、自分で動くことはあまりできないの。猫が大好きだけど飼えない祖母のために、私たちは隣人のペットの猫をレンタルすることができたの。隣人が猫を連れて来てくれると、祖母はとても喜んでいるわ。

・孤独に年老いていくことを考えると、不安でたまらないよ。でもこれを読んで、犬は無理だけど猫を飼ってみたいなと思った。そうしたら少しは自分も救われるかもしれない。

・この投稿を読んで心が温かくなったよ。

おじいさん、「自分の庭の芝生を刈ってほしい」って頼むまでが長いな!(笑)

 父親が最近亡くなったということは、おそらくは70歳前後だろうか?

 引き取った犬の年齢はわからないが、隣人同士のお付き合いがきちんとできているので、男性になにかがあっても、投稿主一家が犬を守ってくれることだろう。

[もっと知りたい!→]ペットはかけがえのない家族。カナダの病院で重症の患者にペットのお見舞いを許可したところ患者の病と闘う力がアップ

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

老人に生きる希望を与えたのは、近所に住む3匹の犬だった