人気漫画『HUNTER×HUNTER』(『H×H』)の作者・冨樫義博が26日、自身のツイッターを更新し、同作と見られる原稿の一部を公開した。

【写真】『H×H』の原稿!? 冨樫先生がツイッターで公開した原稿

 ツイッターでは特にコメントすることはなく、原稿の写真を投稿。24日の開設以降、毎日、原稿の一部を公開していたが、今回、原稿の下部に『7』と『Hunter』の文字があり、2018年11月より休載中の『HUNTER×HUNTER』と見られる内容に。

 これにファンは「ハンターハンター専用の原稿用紙だったのか!」「もうこれHUNTER×HUNTER連載再開確定演出でしょ」「ヤバイ!」などと歓喜。投稿から10分間で7万いいねを超える反響となっている。

 『HUNTER×HUNTER』は、1998年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートし、主人公の少年ゴンが、父と同じハンターとなり、父を探すため、親友のキルアら仲間たちと旅に出る冒険ファンタジー。現在は2018年11月より長期休載中だが、最後に『ジャンプ』に掲載された際、「次の10週分ネームは出来ているので体調や状況と相談しつつ原稿進めて行きます。」とコメントを寄せていた。

なぜ起きた?『H×H』作者・冨樫氏のTwitter騒動