カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 イギリスロンドン動物園が、4月に孵化したフンボルトペンギン赤ちゃんたちの様子を公開した。

 5羽のヒナたちは、残念ながら子育て初心者の親に育児放棄をされてしまった。やはり親の存在感は必要なようで、園内のギフトショップから貰ったペンギンぬいぐるみが、子育てに一役買っているようだ。

【画像】 親から子育てを放棄された5羽のペンギンの赤ちゃん

Squawk season at ZSL London Zoo

 4月中旬、ロンドン動物園ではある1組のフンボルトペンギンカップルが、5羽の赤ちゃんの孵化に成功した。

 しかしこカップル、親になるのは初めてということで、ヒナが生まれて1か月で育児放棄してしまったようだ。ペンギンの世界ではわりとあることだ。

 灰色の羽毛で覆われた5羽のヒナは、園にあるペンギン保育園で、専門の飼育員らが交代で、4週間にわたって屋内の熱ランプの下で世話を続けている。

ぬいぐるみ母さんをそばに置くことでヒナたちに安心感

 だがやはり、親の存在感は大切だ。そこで園のギフトショップからペンギンぬいぐるみを譲り受け、いつも見守っているように中央に配置することで、ヒナたちに安心感を与えているという。

[もっと知りたい!→]お願い生き返って・・・我が子を失ったペンギンのお母さんの悲しみが伝わる映像

1

 まだ小さいので性別はまだ不明だが、ペンギンぬいぐるみ母の活躍もあって、今のところ順調にすくすく育っているという。

 飼育員の1人スージーハイドさんは、このように話している。

毎朝、5羽の体重を測定し、魚とビタミンミネラルブレンドした特製ペンギンミルクシェイクを1日3回与えています。どの子も食欲旺盛で、孵化時は73gだった体重は、毎日着実に10%ずつ増えています。

もう少し大きくなったら、成長をサポートするために新鮮な魚を少量ずつ与えていく予定です。

園のギフトショップからペンギンぬいぐるみを貰ったので、ヒナたちに寄り添うように置いて、保育園で5羽を育てています。(スージーさん)
penguin4_e

5羽にはプラチナ・ジュビリーにちなんだ名前が付けられる

 イギリスは、今年の2月6日イギリス君主として歴代初となる在位70年を迎えたエリザベス女王を祝う『プラチナ・ジュビリー』により、1年を通して様々なイベントが開催される。

[もっと知りたい!→]完全に取り残された・・・気が付けば周りはカップルだらけ。フンボルトペンギンが出会い系サイトで彼女募集(イギリス)

 そこで、ロンドン動物園のパトロンであるエリザベス女王プラチナ・ジュビリーにちなんで、今回5羽には過去70年の有名人やイベントから取った名、ヒラリーアポロ、ボビー、マック、バーニーという特別な名が付けられた。

 ヒラリーは、1953年エベレスト山を登頂した最初の人物の1人として知られるエドモンド・ヒラリー卿からで、アポロ1969年に月面着陸に成功したとされるアポロ11号からだ。

 また、ボビーは1966年ワールドカップで優勝したイングランドキャプテンボビー・ムーアに敬意を表して命名。更に、マック2005年に世界新記録を樹立するためにノンストップで世界中を単独航海したエレン・マッカーサーから、バーニーは1989年ワールドワイドウェブを発明したティム・バーナーズ=リー卿から、だそうだ。

 ロンドン動物園では5月28日6月5日まで、プラチナ・ジュビリーイベントとしてフェスが開催され、様々なアクティビティが用意されているという。

 なお5羽は、体重が約3kgになる生後10週目まで保育園で育てられることになるが、その後水泳レッスン用の浅い水がある保育園プールに移される。

 最終的には飼育舎に移動して、他の62羽のペンギンたちの仲間入りをすることになる予定ということだ。

References:These baby penguins are thriving with a little help from adorable stuffed animal surrogates/ written by Scarlet / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

育児放棄されたペンギンの赤ちゃんを安心させるため、ぬいぐるみのお母さんが代理母に