9歳でおもしろFlashにハマリ、12歳ニコニコ動画と出会って“うp主”に――Twitterでヘビーなオタクライフをつづっている漫画家、福田ナオさんの初の書籍『楽しいことしか起きない! 福田ナオのわくわくインターネット生活』が5月26日に発売されました。

【その他の画像】

 1995年に生まれ、インターネットとともに生きてきた福田さんが愉快な日々をつづり、Twitterで反響を呼んだ漫画を多数収録。テーマネットの“あるある”な話や漫画、アニメゲームなどネット関連の趣味などなど。「人生をTwitterに書きすぎる」「好きなアニメ最終回は『見たら終わっちゃう』から見られない」「デカ盛りは少し後悔するくらいが“愉しい”」――そんな「あるある」となったりクスッと笑えるネタがてんこ盛りです。

 絵師としての活動についてもつづっており、「初参加のコミティアで1部しか売れなかったトラウマ」やそこからの復活など、クリエイターには共感できるエピソードも。また描き下ろしとして、インターネットと出会って今に至るまでの「自分語り」も収録。小学5年生でブログを始め、6年生でニコニコ動画と出会って動画投稿……ネットに救われ、ネットと共に歩んできた軌跡がつづられています。

(C)福田ナオ/KADOKAWA

Twitterに人生の全てを書きすぎる