image秒刊SUNDAY

スターバックスコーヒーといえば、知らない人はいないコーヒーチェーン店。近所に店舗が出来るだけでお祭り騒ぎになるような、大人気ショップであることは疑う余地がありません。そんなスタバブランド缶コーヒーが登場、期待を持って飲んでみたところ……ウソだろ、オイ!となってしまう事態になりました。

スターバックス COFFEE CHOICEシリーズ発売中!

セブン&アイグループ限定で販売中のスターバックスデザイン缶コーヒー、コンフィとロースティノーツ

image秒刊SUNDAY

「コンフィ」は、コク深いコーヒーミルクの絶妙なバランスにより心地よい甘さと開放感をお楽しみいただける味わいで、「ロースティノーツ」は、ロースト感のあるコーヒーの奥深さと豊かな香り、控えめな甘さが贅沢なひとときを演出するそうですよ。筆者には難しすぎてわかりませんでしたが……。

とりあえず「コンフィ」がノーマルで「ロースティノーツ」が微糖ということはわかりました。

参考:スターバックス COFFEE CHOICE

2つの違い……そんなことはどうでもいい!

中身の見た目はほぼ同じ。実際に口にしてみると……微糖とかそうでもないとか考えたのですが、そんなことを忘れてしまう味、悪い意味で。具体的にいうと、薄いんですよ!スターバックスの看板を背負っているとは思えない程遠い味。コーヒー味の低脂肪乳を水で薄めたような味……ウソだろオイ。

image秒刊SUNDAY

ロースティノーツ」にスクラロースを使っているので、その分カロリーが落とせるというわけです。ここでスクラロースの是非は問いませんけどね。

image秒刊SUNDAY

販売者はサントリーフーズということですが、これならBOSSでいいような気がします。いや、むしろBOSSの方が……この辺で止めておきますか。

image秒刊SUNDAY

缶コーヒーといえど、スターバックスコーヒーの看板を背負っているのであれば「コーヒー感」は大切にしていただきたいものです。この「缶」というだけで129円を出す価値はありそうな気がしないでもありません。

image秒刊SUNDAY

スターバックス COFFEE CHOICE コンフィ」
スターバックス COFFEE CHOICE ロースティノーツ
容量:185g缶 希望小売価格(税込)129

スターバックスコーヒーに行くとほぼ「フラペチーノ」を頼んでしまうので、たまにはコーヒーでも飲みに行ってみようかな。デフォルトコーヒーが「濃い」ところが、スタバのストロンポイントですよね。だからこそ缶コーヒーは……まだ言う。

sourceスターバックスコーヒージャパン



画像が見られない場合はこちら
スタバの缶コーヒーを飲んだ率直な感想、ウソだろオイ……の理由