画像はイメージ

終身雇用と年功序列制が当たり前の時代は終わりを告げた。今は勤続年数が長いにもかかわらず、手取り20万円を超えないケースも珍しくないようだ。流通・小売系の会社で働く30代後半の男性(北海道/正社員/未婚)は、年収300万円。手取りは17万9000円ほどで、

「勤めて15年目になるのに、残業はないけどこの年収は低すぎると思う。将来が不安すぎて結婚なんかできるわけない。副業も禁止されてるし、従業員の未来を何も考えてないんだなと思う」

と不満を訴えた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

20万円以下は仕事のモチベーションも下がります

ほかにも、手取り17万5000円だという20代後半の女性(広島県/その他/正社員・職員/未婚)は、

「入社してもうすぐ10年になるのに、(手取り)20万円以下は仕事のモチベーションも下がります」

とこぼす。また、日々の生活については、

「あまりお金を使わないように意識しています。1人暮らしで家賃、生活費、貯金などで気持ち的にもあまり余裕がないです。将来結婚する予定もないので、できるだけ貯金をしておきたいため娯楽費はあまり使いません」

とシビアに綴っていた。

手取り18万円未満の男性「勤続15年でこの年収は低すぎる。従業員の未来を何も考えてない」