実況プレイ動画などが代表されるゲームプレイ動画ジャンルをよく見ていると、時たまこれは絶対に真似できないなと思わせる驚異的な、動画に出会うことがある。

 縛りプレイであったりRTAであったり、両方を組み合わせたものだったり、その手の驚異的な動画は多くあるが筆者が特に異次元プレイだと感じるのは目隠しRTAと呼ばれるものだ。

 目隠しRTAとはその名の通りアイマスクなどで視覚からの情報を遮断し、音と記憶だけを頼りにゲームプレイし、ゲームクリアするまでのタイムも計測してしまおうという、とんでもないプレイだ。

 そもそも目隠しだけ、RTAだけ、どちらかだけでも難しいところを組み合わせるこのプレイスタイルは、ゲームプレイを極めたある種の達人的プレイと言える。

 さて、今回紹介するのはそんな達人的プレイの解説が行われている動画。Bubziaさん投稿の『[ゆっくり解説] 目隠しRTA – ゼルダの伝説 時のオカリナ – Any% Defeat Ganon by Bubzia』だ。

 この動画は目隠し縛りで行われたゼルダの伝説 時のオカリナRTAを解説するもので、RTAの基本から目隠しプレイテクニックまで、日本語での解説が行われている。

 今回はRTAイベントRTA in Japanでもプレイを披露したことがある目隠しRTA走者が投稿する解説動画をご紹介する。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『スーパーマリオ64』目隠しプレイでRTA⁉ 視界ゼロで成し遂げる神業に「ほんとに見えていないのか?」「すごすぎて泣きそうになった」の声 

『ポケモンスナップ』を二人羽織で目隠しプレイ。ピカチュウ、バタフリー、ラプラス…過酷な縛りプレイでポケモンをうまく撮れるのか? 

ガノン討伐までを競うAny% RTAに目隠しで挑戦

 今回Bubziaさんが挑戦したのは『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のAny% Defeat Ganonと呼ばれるカテゴリだ。

 Any% Defeat Ganonガノンを倒すことがキーワードとなるRTAで、いくつかのアイテムを収集し、ラスボス戦にワープすることで短い時間でエンディングに到達するもの。

 解説によればDefeat Ganon2019年に発見された革新的なテクニックタイムが大幅に更新されたために新設されたカテゴリで、新テクニック発見前の方式でタイムを競う少し古いRTAだという。

 しかし、海外記録サイトには1000件以上の記録が登録されており、現在でも本作のRTAカテゴリでは一番人気と言っても過言ではないようだ。

 Bubziaさんはそんな人気のDefeat Ganon目隠しで挑戦し、初めて成功したプレイヤーとのことで、2020年に1時間10分ほどの記録を残している。

 ちなみに、今回投稿されたのは、2020年の記録からさらにタイムを半分ほどに短縮したもので、目隠しをしながらおよそ35分で『ゼルダの伝説 時のオカリナ』をクリアしている。

『時オカ』RTAの基本から解説、目隠しならではの驚異のプレイも披露

 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の目隠しRTAを解説する本動画では、基本的なテクニックから本RTAならではのテクニックまで、さまざまな解説が行われている。

 最も基本的なものでは、移動について解説。本動画では度々リンクが後ろ向きに歩いている映像が確認できるが、これは本作における最速移動が後ろ歩きのためだという。

 また、本作ではZボタンを押すことで視点を固定することが出来るが、この固定が目隠しRTAにとっては非常に重要とのこと。

 バク宙と横跳びの後にAボタンを押すことでリンクがローリングするが、その際にZボタンを押すとカメラが45度、もしくは90度回転するため、視点移動が必要な際に使用されるようだ。

 実際、動画時間6分50秒ほどではハイラル平原に移動した際に、このテクニックを駆使して移動する方向を固定している。

何故わかる? セットアップのミスを調整し、RTAを続行

 RTAの基本的なテクニックの解説などが行われている一方で、本動画で目隠しRTAでしか見られるないようなテクニックや解説も確認できる。

 例えば9分20秒ほどから行われている、釣り堀でのミスをカバーした一連の動きだ。

 Bubziaさんが釣り堀に訪れたのは後のテクニックで必要となる金のウロコを手に入れるためで釣りはRTA中の行動でもランダム要素の強く、3回しか再挑戦ができないという非常に厳しい戦い。

 バグを利用することで子供時代でも金のウロコを獲得できるのだが、そのためには限られたチャレンジのなかで大きな魚を釣り上げなくてはならない。

 慣れた動きで水辺に向かったBubziaさんは、魚をロックオンした途端にため息をついてしまった。どうやら目当てではない魚をロックオンしていることに気付いた様子。

 目隠しをした状態で別の魚をロックオンしていることに気が付けた時点で驚きだが、Bubziaさんは恐らく音だけで目当ての魚の位置を予測。

 視点や位置を微調整しながら見ターゲットを発見し、そのまま釣り上げてしまった。

 その後も、完璧なセットアップでバグを利用したテクニックを成功させ、金のウロコを獲得。ミスをカバーする驚異のテクニックで多くの視聴者を驚かせていた。


 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の目隠しRTAを解説した本動画では、最初から最後まで最早美しさを感じさせるプレイが披露されているため、ぜひ動画をチェックしてみてほしい。

文/富士脇 水面

[ゆっくり解説] 目隠しRTAゼルダの伝説 時のオカリナ – Any% Defeat Ganon by Bubzia

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『スーパーマリオ64』目隠しプレイでRTA⁉ 視界ゼロで成し遂げる神業に「ほんとに見えていないのか?」「すごすぎて泣きそうになった」の声 

『ポケモンスナップ』を二人羽織で目隠しプレイ。ピカチュウ、バタフリー、ラプラス…過酷な縛りプレイでポケモンをうまく撮れるのか?