【この記事の動画を見る】

動物虐待は残念ながら世界中で起こっているが、このほどアメリカで罪のない子犬が人間の手によって傷つけられてしまった。子犬は首に矢が貫いた状態で悲痛な声をあげて鳴いているところを発見されたという。『New York Post』『Los Angeles Times』などが伝えている。

カリフォルニア州リバーサイドデザート・ホット・スプリングスで現地時間今月23日の午前7時頃、「リバーサイド郡動物管理局(Riverside County Animal Services)」に市民から子犬の保護を求める通報が入った。通報者の女性によると子犬は首に矢が貫いた状態で悲痛な声をあげて鳴いていたそうだ。

すぐに現場に駆けつけたパトロール隊が子犬を保護し、途中で同郡動物管理局に所属する動物管理官のマシュー・ペレス氏(Matthew Perez)が子犬を引き取り、動物保護施設「コーチェラ・バレーアニマルキャンパス(Coachella Valley Animal Campus)」の獣医のもとへと連れて行った。

幸いにも子犬に刺さっていた矢は動脈を避けていたこともあり、無事に取り除くことができた。子犬は雌で生後4か月頃と見られ、重傷だったにもかかわらず一命を取りとめて回復の兆しを見せているという。そしてこの悲痛な状況を乗り越えた子犬の写真が同郡動物管理局のTwitterに投稿されると、このような怒りの声があがった。

「人はなぜこんなひどいことができるんだ??」
「こんなことをする人がいるなんて信じられない。こんな武器が一般的に普及していて家畜や野生動物を標的とした練習に使用されないかとても心配。」
この子犬の養子縁組について情報が欲しいです。本当に信じられない! 人間ってどれほど残酷なの? この子犬を救ってくれたことに感謝します。」

また同郡動物管理局の局長であるエリン・ゲッティス氏(Erin Gettis)も、次のように苦言を呈した。

「こんな子犬に矢を射るなんてことができるのでしょうか。全くおぞましい。私たちはかなりショックを受けており、誰がこんなことをしたのかなど情報の提供を求めております。私たちは子犬の治療を続け、今後適切な家族が見つけられるよう努力する所存です。」

なお現在の子犬は順調に回復しており、Twitterには「是非、引き取って家族に迎えたい」といった声が多数寄せられている。

画像は『RivCO animalSERVICES 2022年5月23日TwitterSweet baby, recovering after arrow shot in her….」「This happened today ― and our team saved the dog’s life.」のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト